「2017年10月」 のアーカイブ

2017.10.31(火)
カテゴリー:バス釣り

釣りの旅へ。

明日から釣りの旅に出ます。

どのフィールドへ行くかはまだ決めてません。

どこも水が多すぎなようです。

 

P1270741
出会いがあるかな。

デカイのおったらいいな。

 

P1270836
今朝はテストプールへ。

今作っているプロトルアーのスイムテスト。

まだ若干の調整が必要かも。

現場で試して来ます。

 

.jpg宴会
昨夜は飲み会。

とは言え僕はノンアルコールビール。

伊地知さんもウーロン茶、森口君もウーロン茶。

生ビール飲みまくりなのはDAIMETALだけでした。

菊年会の打ち合わせも兼ねていました。

もう1年になるのかー。1年早すぎです。

ちゃんこ鍋で暖まり、楽しい時間を過ごしました。

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2017.10.30(月)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

バラム300エバーグリーンカラー。

バラム300のEGオリジナルカラーを作っています。

マドネスジャパンさんとコラボしたエバーグリーンカラーです。

 

P1270831
バラム300EGカラー。

上からご存知ビッグバイトチャート、

スーパーナチュラル、スケルトンチャート。

ビッグバイトチャート、スケルトンチャー言わずもがなの超実績色です。

新しく試みた色のスーパーナチュラルは物凄くいい色が出来たと思っています。

 

P1270824
ビッグバイトチャート。

オレンジベリーではなくオレンジスロートを採用しました。

エラの銀ピカもこだわりです。

 

P1270814
スーパーナチュラル。

どこのなんの魚をイメージしたか分かりますか?

バラムのために新しく作った色。

エメラルドブルーグリーンバックから

シャンパンゴールド~シルバー~パールホワイトベリーに変わる

グラディエーションは凄く魅力的な色合いだと思っています。

 

P1270817
スケルトンチャート。

視認性も抜群な菊元的溺愛色です。

ジョインテッドクロー菊元カラーでも採用した超大好きな色。

 

サタン島田の映像でバラムの釣りを見た方は衝撃を受けたはず。

勿論、僕も本気で凄い!と超久々の衝撃を受けた。

 

バラムへのデカバスの喰い方は凄まじいまでの本気喰い。

ここまでバスに捕食スイッチを入れ、狂わせるルアーは

ここ数年レベルでラストエース168と双璧だと衝撃を受けました。

ラストエース168はワーム素材のスイムベイトですが

バラム300はジャイアントベイトです。流派が違います。

エイトトラップで狂ったように襲うさまは

「絶対に喰う。」という

バスの強い意志を感じるほど。

島田の映像見るまでは本人から話聞いていても

「八の字描いてバス釣るって!?」と半信半疑でしたが

何度もそれで釣るのを見て、完全に認めた。

それまで常識と思っていたことが完全に覆された。

勿論、巻くだけでもデカバスが襲う。

 

「このルアー本当に凄い!」

 

バスが一度追えば

いくら釣り人やボートが近くてもバスはルアーしか見ていない。

正直に言うとこんな喰い方をするルアーは見たことがないし、

バスフィッシングにおいてエイトトラップという釣法を

世界初で確立したことは島田一也の偉業。

本気で思っています。

やられたなー。

ここ数年でこれほど他社のルアーを使いたいと思ったことはないです。

 

「どうしても自分が使いたい色を作りたい。」

という衝動を抑えきれず

このモンスタージャイアントベイトのカラーを

コラボさせてもらうことになりました。

快くオファーを受けてくれたマドネスジャパン岩本社長に感謝します。

それと島田、ありがとう。

物凄いルアー作ったな。

 

バラムEGカラー、生産には時間かかりそうですが

来年、春頃に発売予定で動き出しました。

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2017.10.29(日)
カテゴリー:バス釣り

チャージャー210エリート。

来季からボートが変わります。

 

P1270835
チャージャー210ELITE。

戦艦チャンピオン210の驚異的な走破性と安定感を受け継ぎ、

さらにエンジンマウント及びハルを強化したモンスターバスボート。

元々チャンピオン乗りだったので、ワクワクします。

 

P1270833
霞で会える日が楽しみ。

 

エンジンはマーキュリーベラード300馬力。

エレキはウルトレックス搭載予定。

上陸、そしてセッティング終了を待ちわびています。

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2017.10.28(土)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

大増水の池原2。ラストエース168。

池原釣行続きです。

 

釣行2日目はさらに増水。

トボトスロープの駐車場がさらに浸かり柵まで水が来ていました。

 

前日入った前鬼のバックウォーターから入りました。

最上流の水温は前日より低下して11℃。

ゴミ溜りが上流部まで移動。

クリアーで冷たい水のラインが上に上がったということです。

見えバスはいますがさらに天才化。

こちらから見えた時は逃げた時の状態のバスばかりになりました。

 

前日、備後最上流で劇的な反応を見せたラストエース168を試しました。

操作するスイムベイトです。

 

1本目
1本目。チェイスして喰うのが見えた。

着水後、少し沈めてからトゥイッチしました。

超高速引きでなく、

2トゥイッチでスラックを取りまた2トィッチの繰り返し。

ロッドはヘラクレスフォースグランディス7LTS。

リールはメタニウムZPI  NRC713PG。

ラインはマジックハードR14ポンド。

超クリアーウォーターではド遠投した方が有利なので

飛ばせるロッドと糸巻量の多いリールが有利。

 

2日目2本目.
2本目。水面高速トゥイッチリトリーブで。

激しい出方しました。

フローカバーの下でフィーディングしたバスの反応を発見して

浮きゴミの隙間を高速引きしたら一発でした。

その後もチェイス、乗らないバイト多発。

喰いそうな勢いで来ても

途中でフックにゴミが絡んで見切られることも多かったが

エキサイティングでした。

ラストエース168凄い凄い!

完全なオープンウォーターに投げるより

フローカバーに沿って投げた方が明らかに反応した。

ドクリアーなのでバスは

飛んでいるルアーはおろかキャストの動作だけでも逃げる反応をしていた。

なので目隠しになる浮きゴミの下にいる奴(投げる動作と飛ぶルアーが見えない)を

ゴミ下の奥から誘い出すほうが効果的。

 

2日目3本目.
ラストエース168で3本目。

同じくフローカバーに沿ってトゥイッチ。

出て来てルアーに同調するように左右に泳ぎながら

バイトするのが見えました。

相模湖のロケでこれ使ってたらと激しく後悔。

福島健、恐ろしいルアー作りました。

バスが明らかに狂うルアーです。

 

IMG_5051
ラストエース168。

一旦バスにスイッチ入ると襲うことしか考えないルアー。

遅れていたけどもうじき発売です。

 

168はそのスポットに入って1投目に一番激しく反応するルアーです。

無駄投げしすぎると流石に反応悪くなるので

場所を休ませた方が賢明です。

いわゆるオフさせた方がいいということです。

 

その後はまたまた流れ込みの旅へ。

同行の松ちゃんがC-4ジグで釣りましたがぱっとせず、

前日デカバスがいた備後バックウォーターへ。

 

P1270786
恐ろしい流木溜り。何100mあったかな?

前日より遥かに長くなりました。

これを強行突破。

ハアハア言いました。

ここもゴミ溜りが上流側の押し寄せてバックウォーターの面積が減っていた。

出て来たばかりの先行者と入れ替わりで入りました。

朝は見えバス沢山いたけど、だんだん少なくなったらしいです。

 

でも、すぐ来ました。

 

P1270793
デカイですー。

流れを遮断する大岩のポケットにラストエース168を大遠投。

沈めてからトゥイッチ。

なんか黒いのが見えたと思ったら反転しました。

その直後、

「ドスン!」

凄い重量感。

フォースグランディス7LTSブチ曲がり。

強烈な引きに耐えて寄せると

ド太くて綺麗なデカバスが見えた。

 

でも、

 

バレましたー。

 

身切れしたなー。

 

その後は、

何度も寸止めで、喰わせるまでには至らなかった。

松ちゃんにもラストエース168渡していたので

狭いエリアで2人で投げ過ぎたので

さすがプレッシャーかけ過ぎましたな。

オフさせた方がいいと分かっていても投げてしまう切なさよ。

ルアーローテしてボウ12などでバイトを得ましたがすっぽ抜けなど。

サイトでも見に来るけど寸止めとなりました。

 

さらに流木の幅が広くなり帰りは

またまたハアハア言いました。

 

帰りで見つけた流れ込み。

 

P1270801
松川君がラウドバズで。

フローカバーでも絡まず引けるラウドバズのいいところ。

濁ったエリアでは特に強い。

 

最後の場所。

 

P1270809
ドバドバ土砂崩れ後流れ込み。

バラム攻撃は出ずで

キャスティングジグ1/2ozブラックブルー&

キッカーバグ4.5インチブラックブルーティップを

落ち込みの白泡へわざとスキッピングでプレゼン。

着水と同時にバスが引っ手繰るのが見えた。

 

P1270806
最後はジグ締め。

ロッドはフェイズタイラント68H。

リールはメタニウムZPI NRC 713パワーゲーム。

ラインはマジックハードR20ポンド。

丸飲みのバイトでした。

 

馬鹿でかいのは釣れなかったけど

大増水の池原、楽しくまた学ぶこと多い釣行でした。

年内にもう一度行けるかな。

 

全然、関係ないけど

ラストエースのことをいつもライトエースと言うガッツさん、

いい加減に名前覚えて下さい。

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2017.10.27(金)
カテゴリー:バス釣り

大増水の池原。

台風後の池原ダムに行って来ました。

ダムはずっと大減水が続いていましたが

先日の台風後に一気に20数メートルの大増水。

いくらなんでも増えすぎです。

 

P1270714
水多すぎです。

オーバーハングどころか木が冠水していました。

釣行前日の夜から朝まで降り続いた雨でさらに増水しました。

おまけに寒かったー。

風邪気味でしたが、逆療法?ですっかり治りました。

それどころか最近背中痛に悩まされていましたが、

2日間の釣りで全く痛みは出ませんでした。

そのことは素晴らしく良かった。

池原に心も体も癒されたのかも。

 

まずは釣行初日の模様からお伝えします。

メインレイクの水温は17℃から18℃。多分台風前より下がった。

バックウォーターは前鬼の一番低いところで11℃台!

低すぎです。

この増水が夏場だったらなー。

メインレイクはほとんど木で覆われているので

雨で勢いを増した流れ込みとバックウォーターをチェックします。

前鬼バックウォーターには見えバスがいました。

まあまあ天才系で苦労しました。

 

でも、釣りました。

 

顔デカさん
ツインテールリンガー5.8インチ。

顔がめちゃデカイ50後半のガリクソンさんでした。

流れがよれるオーバーハングした大岩の影にいました。

上流を向いたタイミングで岸ギリギリにキャストが一発で決まったと思ったら

おもむろに近づいて反転したのが見えました。

その前のキャストではバスは見えませんでしたが、

岩にラインを引っかけてチョウチン釣りで誘っていたが、出てこなかった。

でも、多分水面を叩く波紋が気になっていたのかも。

ピックアップしたころに現れたので、次のキャストで仕留めました。

ロッドはヘラクレスエアレギウス66ML LTS。

リールはZPI Z-PRIDE。

ラインはマジックハードR10ポンド。

ネコリグです。

シンカーはアクティブNSトーナメント1/16oz。

フックはデコイカバーフィネスHD#2です。

 

P1270730
ファイト中の写真。水中が丸見えなほどクリア。

当然バスは見えますが

向こうからもこっちが丸見え見えなだけに一筋縄ではいかない天才揃いです。

 

P1270722
前鬼川バックウォーター。

こんな上流の吊り橋見たことがないです。

左に見える岩の流れがよれるオーバーハングにいました。

 

このバス釣る前にツインテさん5.8の同リグを

放置して1本釣っていました。

 

P1270727
ツインテさん5.8インチ放置で。

 

顔デカさん釣ってから粘るも

バス達の天才化に拍車がかかってきたので移動。

 

P1270748
流れ込みをさまよいます。

バラムなどを引きますが

ほとんどの流れ込みが浮きゴミだらけで

途中でフックにゴミがまとわりついてきてまともに引けません。

 

同じくツインテさん5.8インチで釣ってから

流木溜りを突破して備後流れ込みへ。

デッカイのおりましたが...。

でも翌日へのヒントは掴みました。

 

明けて翌日。

 

P1270782
池原の壮大な風景。

晴れ渡りました。

朝はホットスーツ着るくらい寒い。

この日はラストエース168が活躍しました。

他のルアーでは全くなかった反応は劇的でさえありました。

 

続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません