「よもやま話」 のアーカイブ

2012.09.23(日)
カテゴリー:バス釣り, よもやま話

復活しました。

昨日は早起きしたけど

朝メシ後、半日寝たら体調は完全復活。

しんどい時はいくらでも寝れますな。

おかげさまで熱は平熱に戻りました。

ご心配をおかけしました。

 

それからやはり我慢出来なくてクワガタ部屋へ。

 


ドンキエルコクワの2令をガラス瓶に投入。

これはあらかじめ仕込んでおいた発酵マットです。

幼虫さんが沢山採れたため

他にオオヒラタケの菌糸ボトルと

カワラの菌糸ボトルに入れて

管理温度を変え、どれが一番デカくなるか

実験しています。

どのルアーが一番デカイの釣れるかを

試すようなものです。(ちょっと違う?)

 

夜は家族と一緒に陰陽座のライブDVDを鑑賞。

 


「絶界演舞」です。

これは東京の千秋楽のライブを収録したものですが

僕はこのツアーを大阪で見ました。

あの時の感動が蘇って来ました。

かなり元気をもらいました。

ライブで見るのも最高ですが

自宅でビール飲みながら見るのも

なかなか良いものです。

 

趣味の話ばかりですいません。

 

でも、病気したり故障したりすると

やはり人間は多少なりとも

弱気になったり凹んだりします。

なんと言っても健康第一です。

元気があればなんでも出来る!

 


心技体。技は健全な肉体から。健全な心も元気な肉体から。

技は力の中にあり。

力(元気)が無ければワザは発揮出来ない。

体力が若い時代に比べて衰えていることは

否めない事実ですが、それはある程度経験で補えます。

バスフィッシングはサッカーや野球のように

ハードな競技ではないからです。

齢を重ねても長く続けられるのが

バスフィッシングの素晴らしいところです。

 

長年やっているとカンが冴えます。

バスのにおいまで感じられることさえあります。

しかし、体力低下は集中力低下に繋がります。

僕は精神力で体力低下を補っています。

それは執念と言ってもいいかもしれません。

 

「弱気は最大の敵。」と誰かが言っていました。

思い直すと釣りの時、

弱気になると次の一手が閃きません。

弱気にならないためにはポジティブな精神を保つこと。

常にポジティブになるためには

日々の健康を心がけることです。

時には「頑張りすぎない。」ことも大切だと思うようになりました。

 

全ての技術と動じない心は健全な肉体から生まれます。

これは自分に言い聞かせていることです。

 

 

今朝も早起きなので腹が減って来ました。

これから朝メシ食べてパワーをつけます。

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2012.09.09(日)

今日はいきものがかりの休日。

今日は休みですがまたまた早起きしてしまいました。

オジイ化現象著しいです。

朝からいきものの世話をしていました。

 


菊元家にはどじょうもいます。

子供が2月のフィッシングショーですくってきたのですが

まだ生息しています。サバイバーです。

他にいた金魚は死んでしまいましたが

この人だけは強いです。

水替えとエサやりはいつの間にか僕の仕事になりました。

ガメラとミドリーヌの世話も早朝に済ませました。

 


クワガタの産卵セットです。

フォルスターキヨタミイのメスを投入して1週間。

産卵木を齧り出しました。

オスもメスもデカいペアなので

産卵に成功してほしいところです。

 


こちらは昨晩割ったツヤクワガタの繭。

最後に割った繭から

無事カッコイイオスが羽化していました。

めでたく自己ギネスを更新!

クワガタ飼育ギネスに応募します。

成虫を無事取り出して計測してギネスを

超えた瞬間は「ヤッター!」という喜びがあります。

この瞬間のために長期間、地道にやって来て良かった

という充実感が得られます。

 


またまた飼育数が増えて来ました。

エサをあげるだけで大変なので

また里子さんに出さなければ。

 

と言うわけで今日はいきものがかりの休日に

なりそうです。

 

来週はロケの予定。

明日はルアマガの原稿締切日。

週明けから忙しくなりそうです。

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2012.08.13(月)
カテゴリー:バス釣り, よもやま話

淡路島に来ています。

昨日は自宅を出発して

4時間半もかかって淡路島のオヤジの実家に到着。

途中昼メシ食べたり

お墓参りに寄ったりしてたのを

差し引いても渋滞しすぎで疲れました。

また、めばちこ(ものもらい)が出来てしまい

恐ろしい顔になってしまいました。

 

それはそうと旧吉野川でプリプラ終了した

関和、星野と行き道の鳴門淡路自動車で

ニアミスしかけました。

 


淡路島の家の庭。

今朝は雨でした。

 

昨日は泊まってゆっくり眠りました。

知らん間にオリンピックも終わっていました。

 

今日の午前中は法事です。

それから帰ります。

渋滞してなかったいいけどね。

 


早く盆休み終わって湖に浮きたいです。

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2012.08.12(日)
カテゴリー:バス釣り, よもやま話

陰陽座ライブに行って来た。

昨日は夕方から出かけました。

電車でGoでした。

 


目的地はなんばハッチ。

FM大阪のビルの中にあるライブハウスです。

昨日は休みだったので自宅から電車で行きました。

実は電車は新幹線以外では3年振りくらいに乗りました。

自宅最寄の駅が改装されていたので違和感がありました。

なんばハッチはJRなんばから徒歩2分くらいでした。

 


目的はライブ参戦です。

ツアータイトルは「夏鶯の聲に酔う也」

読み方が難しいですが「なつうぐいすのこえにようなり」と読みます。

 

アーチストは勿論、陰陽座です。

 


左上がヴォーカルの黒猫です。

僕は非常に愛しています。尊敬の念さえ感じています。

 

会場には会場15分前に到着。

チケットを取ってくれた本田先生と合流しました。

 

それから外で入場待ち。

オールスタンディングなので会場に入っても

1時間弱立って開演を待ち続けました。

おっさんにはまあまあ辛い時間帯でした。

 

でもライブが始まるとそんなことは忘れて最高の時間が始まりました。

今回はヘドバンするような激しい曲は少な目でしたが

いままでライブで見たことが無い曲をやってくれたので

嬉しかったです。

アンコールは4回もしてくれて燃えました。

 

プロの仕事をまた見せてもらいました。

自分の仕事の刺激になりました。

こんな振る舞いが出来たら凄い。

人に見られるならこんな仕事がしたいと

いろいろ勉強になりました。

と偉そうに言ってますが

その時は全てを忘れて発散していました。

年甲斐もなくリズムに合わせてステップを踏み、

こぶしを振り上げ、一緒に歌いました。

こんな瞬間瞬間はかけがえのないプライムタイムです。

最高の時間を過ごしました。

陰陽座にエナジーを貰って

また若返ることが出来た気がします。

 

昨日はライブの後に本田先生と

寿司屋さんへ行って

えんえんと語り飲み続けました。

イイ酒でした。

 

そんなこんなで今朝はちょっと寝坊です。

 

今日は法事があるので

両親を乗せて淡路島まで

行って来ます。

 

子供たちはキャンプなので行けなくて

ちょっと寂しいです。

去年みたいに一緒に釣りがしたかったです。

 

渋滞してなかったらイイけど

それはちょっと無理かも。

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2012.08.04(土)
カテゴリー:バス釣り, よもやま話

雨柳堂夢咄(うりゅうどうゆめばなし)。

昨日は久々にダウンしてしまいました。

 

朝ご飯を食べてから死んだように

眠り続けました。

途中、仕事の電話で起きましたが

気が付くと夕方。

疲れがたまっていたかも。

 

起きると頭痛はおさまっていました。

もう一度ベッドで寝ようとしましたが

寝過ぎで眠れません。

 

本でも読もうとふと見ると

かなり前からあったけど

読んだことが無いコミックがありました。

 


雨柳堂夢咄。波津彬子著。

(うりゅうどうゆめばなし、はつあきこ著)

嫁が買ったコミックでしたが

表紙が少女漫画っぽいので気にも留めていませんでした。

でも、読みだすと物語に引き込まれていきました。

 

骨董屋の雨柳堂には様々な想いや念を持った骨董品が

集まり、それにまつわる人々や骨董の不思議な因縁が

織りなす物語でした。

 

1話完結の形なので入りやすかったです。

かなり感銘を受ける感動的な物語もありました。

 

古いものには何かが宿る、意志や想いを持つという

昔の考え方は共感できるものがありました。

現代は暮らしが便利になりすぎて

昔の夜は闇の中ゆえ見えたものが

今は見えなくなっているだけかもしれません。

スピリチュアルなことには惹かれます。

骨董品ではないけど

僕の愛用の道具にも魂がこもっていると信じています。

土壇場で不思議な力を発揮してくれます。

 

とにかくこのコミックには惹きこまれました。

でも、変なことを言うみたいですが

続けて何冊も読むには

かなりエネルギーを吸い取られそうになりました。

体が弱っている時に作品に引き込まれすぎると

何か不思議なものが寄ってきそうな気がしました。

作者の波津彬子さんの周りでも

多分、色んな不可思議な現象が起こっていると思います。

 

と言う訳で僕も数冊しかまだ読んでいませんが

とにかく面白い物語なので

機会があれば読んでみて下さい。

 

全く関係ないけど昨日の石井館長。

 


コンバットクランク60。パンキンシード。

なんか知らんけどいつも釣り過ぎです。

 

PS. 今日はかなり復活して来ました。

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません