「2016年02月27日」 のアーカイブ

2016.02.27(土)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

グラスリッパー。

もうすぐ3月。

バスフィッシングの本格シーズン到来です。

うずうずして来ました。

 

ところで、

3月になればグラスリッパーが新発売になります。

サイズは3/8ozと1/2ozです。

 

グラスリッパー集合①
大西健太プロデュース。グラスリッパー。

グラス(ウィード)対応ラバージグ。

命名は菊元俊文。グラスを切り裂くものの意。

しかし、ただグラス絡みが少ないだけ、すり抜け上手なだけのジグではありません。

あえて適度なスタック感を持たせることで、

手元の感度を上げて操作感を向上させました。

 

跳ねジグとしては、グラスから跳ね上げた時に

横方向へ大きく移動するのではなく上方へ高く跳ね上がり、

ストライクゾーンキープしつつ、バイトチャンスを増やします。

またスイミングジグとして低速から高速まで安定した姿勢を保ち、

言うまでもなくヘッドシェイカーとのコンビは最強です。

(ヘッドシェイカーは発売もう少し待って下さい。すいません。)

 

グラスリッパーヘッド部
グラスリッパーヘッド部形状。

グラスやカバーに入れやすく抜きやすい先が細い三角形。

上部フラット部で水を押して存在感をアピールすると共に引き感、感度向上。

ヘッド形状とバランスには大西と開発チームがかなり試行錯誤していました。

フックもスーパービッグフィッシュ対応ヘビーワイヤー#4/0を採用。

菊元的にはスイミングジグは流派にないので、今期は是非チャレンジしてみたいです。

また、グラスジグですが、カバー撃ち、特にゴミ溜まり、流木溜まりなどで

すり抜け性能とガードの強さを活かして使いたいと思っています。

スイミングで使う時はブラシガードを間引きします。

 

それではカラー紹介です。

カラーは決定までミーティングにかなり時間をかけました。

大西健太のこだわりが詰まっています。

また、僕も欲しい色をリクエストしました。

 

#100ダークグリーンパンプキン
#100ダークグリーンパンプキン。

どこでも使える万能色。

グラスエリアでは特にいいかな。

 

#101菊元ブラック
#101菊元ブラック。

濁りが入った時やディープでも良く目立つ色。

黒にグリーンフレークは菊元的に超実績カラーです。

 

#104ブラウンパープル
#104ブラウンパープル

プリスポーン時のキラーカラー。

ブラック使うにはちょいクリアな時に使います。

 

#105クローフィッシュ
#105クローフィッシュ。

赤系は絶対いると僕がリクエストしました。

 

#123ハス
#123ハス。

大西健太溺愛カラー。

デカバスが好むベイトフィッシュですな。

 

#133サファイアクロー
#133サファイアクロー。

かなりエエ感じ、かなりブルーギルっぽい感じ。

 

#135グラスゴースト
#135グラスゴースト。

パールカラーのスカートが艶めかしい。

ナチュラルですが、アピールも強い色。

 

#136グラスギル
#136グラスギル。

婚姻色の出た雄ギルですな。

オレンジは威嚇色。

グラスエリアのみならず霞水系のマッディーでも効きそうです。

 

#137アユ
#137アユ。

いつでもどこでも効果的なアユカラー。

菊元的にはバックウォーターで投げて巻きたいカラー。

 

#202シークレットスモーク
#202シークレットスモーク。

ナチュラルベイトフィッシュカラー。

C-4ジグからカラーを拝借しました。

釣れるからです。

 

.jpg4月5日52グラスリッパー
大西健太のこだわりが詰まったグラスリッパー。

テスト期間中の実績は凄いものがあります。

 

というわけでいよいよグラスリッパーも発売まじかです。

ショップさんへのデリバリーは早くて

3月4日~5日くらいになりそうです。

 

 

僕も早く釣りに出たいです。

長く釣りに出れていません。

こんなに釣りに出なかったのは、ここ20年くらいなかったことです。

明日は親父の四十九日。

節目の供養が終わったら、来週はいよいよ出陣します。

Here I Go Againです。

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません