「2012年06月30日」 のアーカイブ

2012.06.30(土)
カテゴリー:バス釣り

Basser 合川、七川取材終了。

関和とのバックウォーター取材は

合川ダム、七川ダムでした。

 


昨日の最終日は七川ダム。

バックウォーターは水位不足でイイ感じではなく

またもや苦戦しました。

昨日は晴れて暑く

ウェーダーを履いて坂道を上り下りして

ゴロゴロの石の上を歩きまくったので

汗だくになり、はあはあ言いましたな。

 


つるつるのシャローにバスは見えますが。

天才すぎて釣れません。

キャストしただけで逃げて行きます。

流れと障害物が必要です。

 

七川バックウォーターは水位がよろしくなく

途中、合川への移動も検討しましたが

合川まで2時間くらい移動時間を要するので断念。

 


昼飯後のタックル撮影。

この後、さらに移動するも徒労に終わり

さらに最後のバックウォーターへ移動。

 


ボイルを待って直撃する突きん棒。ボイルシューティングです。

シャワーブローズでビシバシにキャストを決めますが

何故か全く出ません。

ボイルの頻度がどんどん低下して来て、待つのはかなり辛い作業です。

4月にルアーニュースで来た時とは水位も状況も全く違いました。

かろうじて秘密のプロトでミスバイトがあったのみです。

 


ボイル待ち。

しゃがんで待ち続けます。

なーんもせん時間が長すぎです。

その間、サル番長はダッシュをかけます。

 


サル番長は濁った側でライトリグ。濁りの境目が分かりますか?

関和プロデュースのニュースピニングが曲がりまくりです。

関和は最後に本領発揮です。

クリアウォーター修行のはずなのに

濁った水域でのボウワーム6インチネコリグを炸裂させてました。

さらにビビッドテールにローテして釣っていました。

 


サル番長連発!濁りでライトリグやらせるとボコボコ釣ります。

その内、滅多にボイルが無くなり

20分以上ボイルを待つことに耐えられなくなって

遂に僕もC-4ジグ投げてしまいました。

C-4はサイトでデカバス見えた時だけ使おうと思っていたのですが

あまりにも待つ時間が長く、遂に禁を破ってしまいました。

 


するとやっぱり「コン!」と来ました。

C-4ジグ&C-4シュリンプ。ソリッドセンサー61&マジックハードR4ポンド。

クリアーな方で見えるバスは全く相手をしてくれませんが

濁りの境目より下のバスは、スローに丁寧にやると

比較的簡単に口を使います。

でもこれは関和スタイル。菊元スタイルではないので

ブラインドでのスピニングはこれにて封印。

 


最後はボウワーム8インチで。でもあんまり嬉しそうな顔してません。

釣れて当たり前だからです。

1/16ozネコリグ。エアレギウス7。マジックハードR10ポンド。

ボイルシューティングは結局、不発でした。

 

取材最終日はまあまあ不本意でしたが

降りられる場所が決まってしまうリザーバーの

バックウォーターでは仕方のないことです。

ええ感じの水位ではなかったですわ。

 


でも関和が5本も釣ってくれたので良かったです。

 

また、合川ではスーパースペシャルなトップ攻めで

快心の釣りが出来ました。

めちゃめちゃ面白かったです。

さらにその技を関和に伝授出来たのが良かったです。

 

かなりハードなおかっぱり取材でしたが

内容はかなり濃い取材になりました。

 

次号のBasserは必見です。

ワームを嫌う天才君がハードベイトで

水面を割る世界を公開する予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません