「2010年06月01日」 のアーカイブ

2010.06.01(火)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

ティンバーフラッシュの季節。

そろそろ、バスも産卵のダメージから回復し、


荒食いのシーズンがそこまで来ました。




特にリザーバーなどは、アフター回復のデカバスが


バックウォーターにエサを求めて上がります。


流れの強い川もよろしいです。


そんなデカバスを最も簡単に仕留められるルアーが


ティンバーフラッシュです。




シンキングのS字系では根掛かりを心配して投げれない


浅場でも、フローティングの強みで躊躇無くキャスト出来、


激流での超ファストリトリーブでもしっかり泳ぎ、


バスを誘ってくれます。


キモは激流の脇の岩などが作り出す反転流やヨレを


確実に通すこと。


正確なキャストと適正なコース取りが大切です。


食い気のあるデカバスを最も簡単に仕留められるビッグベイトが


このティンバーフラッシュだと、僕は思います。


まさにキングオブビッグベイトです。





最近、マイブームのマットアユカラー。


過度なフラッシングを押さえ、ボーッと膨張する妖しいマットフィニッシュが強烈に効く。


そういえば、池原で会った僕のファンもこのカラーでロクマル釣ってましたな。




ティンバーは晴れた日は特に、バックウォーターで無くても、シェードパターンが効く。


オーバーハングした木のシエードの下にねじ込めば、一発で出て来ることも多い。


カバービッグベイティングですな。




また、曇りや雨ならばカバー、例えば斜めに水中に没した竹などの先端に


バスが浮くことも多い。これはアフター回復のサインでもある。


こんなカバーの先端をかすめるように、ティンバーを引けば、


「ドン!」ともんどり打ってバイトすることも多い。


たまりませんな。




いよいよビッグベイトシーズンの本格到来です。


まだビッグベイトで釣ったことがない方、苦手な方も


ティンバー片手にフィールドへ出てみては。


ドラマが待ってるかもしれません。



コメント・トラックバックは受け付けておりません