2010.10.10(日)
カテゴリー:クワガタ, よもやま話

昨日は休息の日。

昨日は、あまりにも疲れていたのか


少し仕事をかたずけ


朝メシを食べてから、子供たちと新聞紙、段ボールの


ゴミ出しをした後、睡魔に襲われ


午後2時過ぎまで眠ってしまいました。


それから、一刀両断の原稿を書こうとするも


気だるくて、なんだかその気になれず


クワガタの産卵セットの割り出しを行いました。





産卵木とそれを割る道具。


 


2ヶ月前に産卵セットを組んでいたダビソンフタマタクワガタと


グランディスオオクワガタは見事に丸ボーズ。


産卵した気配が無かったので、納得です。


クワガタのボーズは慣れっこです。


バス釣りのボーズよりショックはかなり少ないです。




でも、期待のベトナム、コンツム省産のマクダレインコクワガタは


期待通り、産んでくれていました。





産卵木から幼虫さんがごろごろ出て来ます。


注意深く産卵木を割っていかないと幼虫さんを潰してしまいます。


かなり神経を使う作業ですが、クワガタ飼育の楽しみの一つです。


かなり癒されます。




結局、マクダレインコクワは23頭の初令幼虫と3つの卵を得ることが出来ました。


1頭1頭をマットを詰めた120ccのプリンカップに入れていきます。


これは、一時保管のためなので


早速、幼虫さんを入れる菌糸ボトルを手配しました。




ところで、この前、変なクワガタが羽化しました。


アルケスツヤクワガタです。





一見メスのようですが、よく写真を見て下さい。


左側の大アゴが太く長いです。


普通のメスの大アゴとは形状が明らかに違います。





顔も良く見ると左右非対称です。


写真が下手で分かりにくいですが左右の色合いも少し異なります。





裏側から。


やっぱり変です。




「ひょっとして雌雄同体かも?」と懇意にしてもらっている


クワガタ専門誌BE-KUWAの編集長に写真をメールで送り


意見を聞いてみました。


すると、断言は出来ないが、メスの割合が95%くらいで


オスも混じった雌雄同体である可能性が高いと


お答え頂きました。


はっきり分かる雌雄同体はマジンガーZの阿修羅男爵のように


体の真ん中でオスメスが分かれているのですが


これは、分かりにくい雌雄同体のようです。


でも、クワガタ飼育初の雌雄同体でした。


ちなみに繁殖能力はありません。




どうでもいい話ですいません。




昨日は、原稿をサボり目先の楽しみに走ってしまい


少し自己嫌悪気味です。


楽しみは後の方が良かったです。




でも、昨夜10時半にBIGBITEのナレーション原稿が来ました。


それから、言い回しやタックル名などをチェックしました。




遅くなったので今日もまあまあ眠いですが、


ちゃんと原稿を仕上げたいと思います。




でも、体もボロボロなので夕方は久々の


整体治療を受けます。




多分、もだえると思います。











コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.10.09(土)
カテゴリー:バス釣り

BIGBITE EXTRA  ロケは大成功!

掌が傷だらけで痛いです。





でも、嬉しい痛みです。




ビッグバイトのDVDロケは奈良県の風屋ダムに行ってました。


何を隠そう初めてのフィールドです。




ディレクターのハルタンマンの事前情報では激釣れ。


でも、それはウソでした。


「だまされた!」と思う程、苦戦しました。


ロケ2日目の昼過ぎまで「これはボツか!?」と


思う程やばかったです。


季節の変わり目で、水温が急降下。


水質も悪化し、バスも深くなり悩み苦しみました。


何をやっても小さいのしか釣れません。


普通なら、どう考えてもディープのライトリグの展開です。




でも、絶対に諦めない心が奇跡を呼んでくれました。





初日、唯一水面を割ったロイヤルフィッシュ。


メラメラシャッドです。アクテオン&コンクエスト200、フレックスハード30lb。


それまでディープをやっていたのに閃いての1投目に水面を割りました。


輪ゴムチューンで水面をウェイキングさせたいので、ナイロンラインを使いました。




新しいトーナメントシャツを始めて着ました。


ロケがボツになったらもう着ないところでした。


でも、縁起のいいシャツになりました。





スーパースレッジはバイトが多発。


この時期は禁じ手にしてましたが、あまりの釣れなさに


2日目に封印を解いてしまいました。


ブラックレギウス&オーパス1ネロ、マジックハードR4lb。





2日目もシャローはほとんどダメダメでした。


でも、閃いて持ち変えたロイヤルフラッシュの1投目に来た。


今回はかなり閃きが的中しました。


苦しい時ほど冴えているのかも!?







閃きと意地が呼んだビッグフィッシュ!


余裕のゴンザレス!2kgオーバー!


何で釣ったのかはDVDでのお楽しみ。


かなり苦戦しただけに我ながら感動しました。





食事中のディレクターのハルタンマンとカメラマンの


アルベルトフジエ。


アルベルトとは2回目の仕事ですが、2回とも感動的な


ロケが出来ています。縁起がいいかも?


アルベルトフジエは中南米から出稼ぎに来ました。


 


もちろんウソです。




このメンバーでロケ終了後、


僕の家の近所の馴染みのすし屋さんで


お疲れさま会をしました。


ロケの打ち上げと言うやつです。


勿論、僕の奢りです。


かなり充実感があったこともあり、痛飲しました。




でも、今朝も6時前に起きてしまいました。




今日から3連休ですが、


BIGBITEのTVの編集のチェック、ナレーション原稿の校正、


EGクライマックスのVTRの最終チェック、


そしてルアマガ一刀両断の原稿書きと結構、仕事が詰まっています。




早く終わらせて、クワガタの世話をしなくては!



























コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.10.08(金)
カテゴリー:バス釣り

コンバットクランク簡単チューンと120新色発売。

今日はコンバットクランクというかクランク全般の簡単な


クローダッドチューンを紹介します。





コンバットクランク120。オリーブクローダッド。


クローダッドチューンには合うカラーです。


余談ですが、アメリカ人はこのオリーブクローダッドが異常に好きです。


日本でもひょっとしたら流行るかも。




まず、リアフックをはずします。スプリットリングはルアーに


つけたままにして下さい。


その他、ラバースカートをお好みの色で用意。





ラバースカートをラインアイに通す。





あらかじめ用意した浮きゴムを5mmくらいにカットしておき


アイから通しスカートを固定する。


浮きゴムは30円くらいです。


ゴム管を押し込む時、フックで怪我をしないように重々注意して下さい。


コンバットクランクのフックはめちゃめちゃ鋭く危険です。


なお、スカートはあとで好みの長さにカットし、


それからほぐして下さい。


 


なお、これは簡単手抜きチューンです。


まめな人はちゃんとスレッドを巻いて固定して下さい。





こんな感じです。


 


それから、フックを再びクランクに付けます。





クローダッドチューンのオリーブクローダッド。


スカートがあることでダブルアクションが出せ、


動きが柔らかくなります。


カラーはなんでもいいけどやはりクロー系がしっくりきます。


簡単なので、試してみて下さい。




それから、今特に琵琶湖南湖でデカイのが爆釣している


カッ飛びシャロークランク


コンバットクランク120の新色が間もなく発売されます。





上からモンキーバナナN。これは高浮力のボーン素材。


スケルトンチャート。リザーバーに強い色。


サイトフラッシュN。これもボーン素材の見やすい色です。




これからシャロークランクの暑い時期が再びやって来ます。


店頭入荷まであと少しです。


要チェックです。

















コメント・トラックバックは受け付けておりません