2010.07.04(日)
カテゴリー:バス釣り

波乱の桧原湖2日目。

昨日、JBトップ50の2日目。予選が終了しました。


さて、気になる順位は?




2日間のトータルで加藤誠治選手が首位に立ちました。




さて、初日2位の今江選手は?





今江選手初日のウェイインの模様。型揃いです。




だが、2日目は1924gで痛恨の41位。残念!


トータルで13位と順位を下げてしまいました。


でも、まだまくれるチャンスは充分あります。





これは初日のコバ。いいスモールを釣ってましたが・・・。


2日目は53位と低迷し、残念ながら予選敗退です。




そして、僕が優勝予想にあげた福島健は?


2日目は2528gで単日6位。


2日間のトータルで5位に順位を上げました。


優勝も狙える位置に付けました。


予想は的中するかな?




星野和正はトータル15位。


藤木淳がトータル26位で予選通過を決めています。




残念ながら、コバ、関和、下野さんは予選落ち。


サル番長、めげるなよ。


笑う門には福来たる理論は本当です。


顔を上げて、エエ顔をしておきなさい。


きっとイイことがあるはず。




いよいよ今日は決勝。


どんなドラマが待っているのでしょうか。






関係ないけど、ティンバーフラッシュです。



マットアユ。最近のフェイバリットカラーです。


エエ顔してます。男前です。




全く関係ないけど、モーレンカンプオウゴンオニクワガタです。


ちなみにコイツのメスでBE-KUWAギネスを獲りました。


でも、肝心のオスは少し小さく60mmに及びません。



僕は、オウゴンオニという響きが好きです。


黄金の鬼ですよ。どないですか。


でも、こいつは昨日、里子に出しました。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.07.03(土)
カテゴリー:バス釣り

桧原湖のトップ50。

昨日からJBトップ50第3戦が桧原湖でキックオフ。


現地は寒いと思いきや晴れて暑かったらしいです。


戦前の僕の予想は福島健の優勝。


 



福島はスモールが得意。


予想は当たるか?


まだどうなるか分かりません。




さて、初日の予選の成績は


トップが北浦戦の初日同様、SHINGO選手。


3965gでブッチギリのスコアです。


そして2位が


来ました!今江克隆選手です!





これは北浦戦2日目、トップスコアのウェイン。




スコアは3186gとトップと離れていますが


凄いウエイトです。それに試合はポイント制なので


1ポイントしか変わりません。


頑張れと書くと今までロクなことがないことが判明しているので


あえて書きません。ジンクスです。




さて、我がエバグリ軍団は、なかなかの健闘。


小林知寛が10位。2562g。


星野和正が14位。2470g。


福島健が17位。 2394g。


藤木淳が20位。 2320g。


このへんになってくると本当に僅差で順位が変わってきます。




試合は全体に良く釣れ、リミット達成は60名中58名!


2kg釣っても35位の釣れる桧原湖戦です。


キッカーフィッシュ1本で


大きく順位が変わることが予想されます。


関和学は40位、下野さんは57位と出遅れましたが


まだまだ巻き返す可能性があります。




2日目以降が楽しみです。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.07.02(金)
カテゴリー:クワガタ, バス釣り, ルアー

キャスティングジグのお話。

 

 今朝、雨が止んだらクマゼミが鳴き出していた。


梅雨明けもまだだけど、夏が来たっていう感じです。





僕は、昨日に引き続き、今日も英会話のレッスンです。





ICASTに向けて特訓というほど大げさではないですが


行ける時に行っておこう作戦です。


ちょっとでも、アメリカ契約プロとまともにコミニュケーションが


とりたいので付け焼刃でも頑張っときます。




突然ですが、キャスティングジグです。



これ1つで最近、もう20kg近く釣っています。


カラーは濁りに強いブラック。1/2ozです。




高梁川、旭川ダムと連続で使ってますが一向になくなりません。




スカートは普段、カットして使うことが多い僕ですが


コイツは、パッケージから出してそのまま使っています。


僕は、カットする時は、フックのベンドの頂点から2mmほどで


ラバーを揃えます。こうすることで、「スー、パッ!」と


フレアーがクイックになり、リアクション的要素が増します。




逆に、長いままだと、抵抗を受けてスローにフォールし、


フレアーもカットしたものよりゆっくりになります。


また、当然ですがボリュームもカットしたものより大きい。


「フワーッ」としたゆっくりアクションが濁りでもバスに発見されやすく


ゆっくりしたフレアーがダルなアフターのデカバスに


効いていると思われます。


 


ジグ番長的ラバージグ講座でした。






関係ないけど、この前のWBSスーパー3デイズの画像です。


写真がへたくそですいません。





エビちゃんのチャンピオン。


ヘラクレスのラッピングがイケてます。





これは、ウェイイン。


サトシン&エビちゃんです。




全く関係ないけどこの前、掘り出したばかりのクワガタです。


ただ、見せたいだけです。スイマセン。





ウェスターマンヒラタ。


81.3mmと81.9mmです。


ベトナム産まれの日本育ちです。


菊元的には90mmオーバーを狙って育てていますが


それは、ちょっと無理そうな感じです。




手に平気で乗せていますが、


ヒラタクワガタはかなり凶暴です。


はさまれると涙チョチョギレルほど痛いらしいので


こんなことはしないほうが賢明です。


でも、幸い僕はまだ、はさまれたことはありません。


 


秘密ですが、


以前、社長が不用意にもパラワンヒラタにはさまれて


大流血してもだえる姿を目撃しました。




一旦、はさむとなかなか取れません。




剣呑、剣呑でござります。






















コメント・トラックバックは受け付けておりません