2010.12.03(金)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

ゴールドディガー続き&今日は釣りビジョン。

今日は朝から釣りビジョンのオフィスへ行く予定です。




今製作中のDVD BIGBITE EXTRAの編集チェックと


スタジオで解説の撮影があるからです。


結構、時間がかかりそうです。




さて、昨日からの続き。


発売直後の新作ゴールドディガー600のカラー紹介です。





#217スーパーワカサギ


マット仕上げのつや消しワカサギです。


僕自身はかなり多用し、実績が多いカラーです。





#230グローシャッドダズラー


暗闇で「ボーッ」と光るグローカラーです。


ナチュラルなシャッドですがホワイトパールベースで


ラメがアピールするデカバスキラーでもある。





#239ブルーバックヘリング


アメリカで一世風靡したセクシーシャッドにインスパイアされて


生まれた色。クリアーウォーターや低水温期に強い印象。





#258リザーバーアユ


かなりこだわって作ったカラー。


リザーバーにいるアユってこんな青みがかかってません?


勿論、リザーバーでなくても釣れるナチュラルカラー。





#601ケタバス


一見、銀ピカなケタバスだが半透明のホロベースを採用。


透けるクロームカラーである。デカバスはケタバスを好んで


捕食しているので。ローライトに特にお薦め。





#602NビッグバイトチャートN


いわずと知れたド定番。大人気色。


強いアピールカラーなのでそれをより強調するために


浮力が高く動きが派手になるナチュラルボーン素材を採用。




と言うわけで昨日から続いたゴールドディガー600のカラー紹介でした。





テストではほとんど40アップ。これは小さい方。







ロッドはストライクマスター77がベストマッチ!




ちなみにゴールドディガーとは直訳すると金鉱堀りですが


アメリカのスラングでは、年をとったお金持ちをたらしこんで、


財産を手に入れ続ける若さと美貌を武器にする女性を意味します。




皆さんもゴールドディガーでデカバスをだまくらかして


ディープの金鉱を掘り当てて下さい。





コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.12.02(木)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

ゴールドディガーいよいよ発売!

ニュースです。


いよいよゴールドディガー600が早いところでは


今日から販売開始です。




ちょろっとカラーを紹介します。





#19プリスポーンダイナマイト


その威力は春先だけじゃないよ。





#27アユ


いつでもどこでも使える基本色。


ナチュラルカラーの王道。





#N28ブルーバックチャート


ローリングによる色覚変化が際立つ「強い」アピールカラー。





#59スケルトンチャート


強すぎないナチュラルな?チャート。


個人的にもの凄く好きな色です。





#196ハーフミラーワカサギ


極めてリアルなワカサギカラー。


ワカサギレイクではクリアーでもマッディーでも効く。





#211ゴールデンシャイナー


基本カラーのキンクロにホログラムフィニッシュ。


濁りやローライトに強い色。




残りの6色は明日でも紹介します。




ゴールドディガーの今回のデリバリーは少量になりますので


早い目にお買い求め下さい。




ちなみにリザーバーでは12月、1月のウインターシーズンでも


ディープクランクはデカバスに効果的です。


基本は岬などの大場所を先端から左右を通し、


輪切りするようにキャストして狙うこと。


岩場をゴリゴリボトムノックもイイ。


ゴールドディガー600は通常のディープクランクで


狙えない6mレンジを叩ける絶対的なアドバンテージがある。




また、扇状地のような地形のビッグフラット、段々畑跡


または、屋敷跡のようなディープフラットで


ベイトフィッシュをホールドしておれば


ドラッギングで、同レンジをえんえんとトレースすることが可能。


これは、ベイトレンジまたはそのやや上を通すことで


ビッグバスの連発も可能なパターンです。


これは、魚探を駆使してバーチカルに直撃するシューティングを


時に凌駕するストロングパターンになりえます。


特にワカサギレイクではレンジを合わせることが


大切になってくるので、レンジさえ合えば


レンジキープが容易なクランクのドラッキングは


何よりも容易にバスを連発させられます。


さらに言えばバスのレンジが12mラインで


バイトさせられるクランクは稀有な存在。


唯一無二かも!?





僕のタックルセッティングです。
ロッドはヘラクレス ストライクマスター77。


リールはコンクエスト200DC。


ラインはマジックハードR14lbの組み合わせで


ゴールドディガー600を使用。


死ぬほど飛んでいきます。


このセッテイングでフルキャストで6m、


ドラッギングで楽々10mの潜行深度をクリアーする。




ここ数年、ウィードレイクと化した琵琶湖では


秋よりむしろ冬がディープクランクのシーズンに


なってきているので


1~2月の釣果報告も楽しみであります。




個人的に僕は亀山ダム、高滝ダムのリザーバーや


河口湖、山中湖などの自然湖で試してみたいです。






話は変わりますが、今日はサトシンが来社。


打ち合わせをしています。





サトシンとオネスティー。


何べん言っても「ホネスティーだ!」


と言い張ります。


 


正しくは元祖動かん系のオネスティーです。


 


今、琵琶湖でかなりというか超イケてます。




より釣れる簡単なチューン法が確立されてきましたので


近日公開します。













コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.12.01(水)
カテゴリー:バス釣り, 動画

もう12月です!

気が付けば今日からもう12月です。




月日が経つのは早いもんですな。


言うてる間にクリスマス、正月


そしてフィッシングショーになりそうで


怖いです。




朝イチからBIGBITEのチェック用のDVDが


会社に届いていました。


この前の遠賀川のロケの分です。


速攻でチェックしてOKかどうか


返事をしてくれということです。


それからナレーション原稿も表現やタックル名に間違いないか


出来次第チェックしてくれと


ディレクターのハルターマンが自分の都合だけで


勝手なことを言ってきます。


TVや雑誌媒体の人は締め切り厳守なので


立場は分かるのですが


自分の都合で締め切りギリギリに送ってきて


すぐチェックしてくれとか


そんなんばっかりです。


[僕も忙しいちゅーねん!]と


ぼやきたくなります。


でも、しゃーないのでチエックしてます。





遠賀川ロケより。


最近メインボックスをバーサス3080にしました。


オールスターの時から一緒です。


でも、中身は若干変えてます。





この時、「ACTION !!」と言うてるはずです。




ちなみに、編集したDVDは音楽もナレーションも入っていません。


編集を見たらかなりドラマチックでした。




突然ですが、ゴールドディガー600です。





これはハーフミラーワカサギ。


かなりリアルで釣れそうでしょ。


間もなくデリバリー開始。


出荷したらまた報告します。




それと、EG-CLIMAX Vol.1の最新プロモ動画が出来ました。


アップしときますので是非見てください。



 



”「EG-Climax Vol.1 予告編第4弾」を携帯で見る”



今日も昼から夜までミーティングです。

コメント・トラックバックは受け付けておりません