「バス釣り」 のアーカイブ

2020.03.30(月)
カテゴリー:バス釣り

誘惑の池原釣行。甘い水はどこ。

先日の池原釣行はスクランブルでした。

 

今回のブログは読み物として楽しんで下さい。

 


結果的にはいい魚が釣れました。

 


桜咲くころプリスポーンの季節。

ただでさえムズムズするところ、

悪魔オジサンの電話は抗えない誘惑がありました。

 

霞で試合プラ中も催促の電話やメール来ていた

ルアマガ単行本「一刀両断」の校正を見終わって

前書き書き終えて、

ほっとしてから仕事していたら

悪魔オジサンから着信。

金曜日夕方です。

 

「池原バラム炸裂です!61頭に58やらゴンザレス連発です!」

 

「絶対に来た方がいいですよ。」

 

「今から出れませんか?」

 

無茶苦茶言うなこの男。

 

僕は「えー今かい!」って感じ。

前日も「甘い水入りそうです。行きませんか?」と

誘われたけど原稿出来てないので断っていた。

 

「霞から全てタックル持ち帰って大阪に帰ってから

まだ全然整理する間が無くて出来ていないしなー」と言うと

 

「タックルも俺のそのまま貸します。ボートも俺のを使って下さい。」

 

「オールスターで疲れた心を池原で癒して下さい。」

 

「俺は釣りしないで菊元さんの後ろで見学と撮影だけでいいっす。」

 

体調はイマイチでしたが、

熱すぎる誘惑にグラグラ来ました。

悪魔とは思えないような優しい言葉にほだされました。

 


さらにこんな写真を何枚も送って来ました。

バラム245で獲ったこの61cm頭に連発。

ロッドはオライオンブラックローズ。

 

電話切った後、

我慢できずに、ロッドをクルマに積込んでしまった。

 

仕事終え、家に帰り晩飯。

すぐ寝ようと思ったけどなかなか眠れん!

遠足前の子供か。

仮眠とって起きたのが午前1時。

「起きて体調悪かったら行くのは止めるわな。」

と島田には言っていましたが、

あまり寝てない割にはしんどくなかった。

煩悩がなせる業。

風呂入って体温めて2時前に自宅出発。

 

4時に池原到着。

早く着き過ぎ。

シマダはまだクルマで爆睡中。

まだ真っ暗な中、クルマで待つ。

トイレ行ってまたクルマの中で待ってから

ライト照らしてバラム結んだアクテオンマグナムEXと

ビッグベイトBOXのバーサス3080をクルマから出す。

後、念のため5本だけロッド出して

ボウワーム12インチ2パックとベルカント4個、

ジャックハンマー2個、ヘッドシェイカー数本と

シンカー&フックだけをごそごそと出して

バッグに詰める。

 

5時を回った。

シマダはまだクルマで爆睡中。

「朝一に炸裂ストレッチに入るために5時までに来て下さい。」

と言うてたのに。

クルマ揺らしてビックリさせて起こそうと思ったが

ハッピーさんがビックリしたらアカンと思い直して

LEDライト照らして強制的に起こす。

シマダのトイレ終わるまで待って

桟橋までの長い階段を降りてボートにタックル積み込む。

 

日の出とともに出撃。

ところが島田のミカン号はプレーンせず。

ビルジが抜けきっていなかった。

1艇がドン亀と化したミカン号を

追い抜いて、白川の爆裂ストレッチに入る。

ああ無情。

まさに意味なし番長。

超早起きした意味なし。

 

でも前夜に降った雨はかなりだったようで

白川又川からドロドロの水が入り

白濁した泥水になっていました。

明らかにアカン水の色。

シマダ「あれ!こんな濁るとは思いませんでしたわ。」

ヤバい感じが漂い始めた。

狙いのストレッチは入れなかったので

川を少し上り、

湧き水がある少しだけクリアな境目にバラムを放つ。

1回だけチェイスがあったけど喰うような追いかけ方ではないし

サイズも小さい。

 

その後、濁りが進行していないストレッチへ下り

バラムのみを放ち続ける。

久々にバラム投げましたがキャストはビシバシ。

コース取りもパーフェクト。

しかし、

「なーんも出ん!」

その後もバラムストレッチを転々。

やはり何も起こらない。

 

シマダ「スイマセン!」

「こんなに濁るとは思ってなかったですわー。」

「雨で水温激下がりですわー。」

「また俺にダマされたと思ってるでしょー。」

 

「この男はやはり呪いマンジュウか!」

 

(注)呪いマンジュウとは?

菊元語録の一つ。

その人のために良かれと思って

言ったことや、してくれる行動が

結果的には何故か全て裏目に出て

アカン結果に終わったり、ひどい目に会うことになる

特殊能力を持った人物のことを言う。

ちなみにサタン島田は10数年前から

菊元史上何代目かの呪いマンジュウの栄誉を与えられている。

 

「島田スマン!あんたはええ奴やけどやっぱり呪いマンジュウや。」

と思いかけた。

経験からバラムには全然向かないコンディションと分かっていながら

続けるもやはり反応はゼロ。

アジャストを考え始める。

オライオンムーンゲイザーにルアーを結ぶ。

12インチボウワーム。

行く前に島田がジャックハンマーの釣りと共に

見せてくれと僕に行っていた釣り。

 

大幅に移動し、クリアなエリアでバラムを投げる前に

持ち替えて1投目。

フォールさせていたらラインが走った。

 


1本目は痩せたバス。

1/16ozネイルシンカー(アクティブNSトーナメント)を挿入した

ネコリグ。

フックはデコイのカバーフィネスHD#2/0。

ワームのハチマキ部分の上に斜め刺し。

1本目はこの日最小のバスでしたが

「12インチあっけなく喰ったなぁ。」と思った。

この後バラムに適した岩盤をガチ攻めも無反応。

 

大移動。

諦めきれずバラムでタイトに通すがやはりダメ。

ボートに怯えて逃げるバス発見。

「仕方ないなぁ。」

とムーゲイザーに持ち替えると

シマダは何故か嬉しそう。

 

12ボウワームにすぐに来た。

 


バンクキャストで岸から滑り落とす。

ゆっくりズル引き、テンション抜いてポーズ。

これは大事なこと書いています。

 

その後は大岩のえぐれにおるかな。と

岩に乗せて落とす。

小さな違和感をムーンゲイザーが捉えた。

「離したかな?」とロッドで聞くと

まだ生命感が伝わって来たので

大きなストロークで合わせた。

 


サイズアップ。アワセが決まって乗った時がたまりません。

12インチボウワームハマって来たかな。

カラーは全部グリパンBKです。

 

さらに移動。

水温14℃と当日一番高かったエリアへ。

しつこくバラム通すも無反応。

このタイミングが、気温も一番上がり見えバスを発見。

ボウワーム12インチバンクキャストで

反応するが寸止め。

3度反応するが見切られて深場へ消えた。

 

「この辺に逃げたのでは?」という

岩盤の小さな凹みにバンクキャストし

「チュルリン!」と水面に落としてフォールさせる。

ラインテンションが変わった。

「走っている!」

ロッドを倒してラインを送り

ラインにテンションがかかった瞬間、

大きなストロークで合わせると今までとは違う重量感。

12インチボウワームでのたまらん瞬間。

 


乗りましたわー。

ムーンゲイザーでいなして速攻寄せてハンドランディング。

 


余裕のゴンザレスおったなぁ!

12インチボウワームやっぱり喰うなぁ。

 

もう昼前で腹減って来たので僕は座って

コンビニで買ったパン食べて休憩。

シマダが「俺もボウワームやってもいいすかー?」

「ええよ。」

僕のムーンゲイザーを握る。

いい地形に大岩が絡む岩盤。

僅か数投目。

 

「なんか合わせる前の動作してるんとちゃうん!?」

と思ったらラインスラックスラック巻き取って

思い切りシマダが合わせた。

 

流石は池原の神様に愛された男でしたわ。

 


ゴンパチ君ゲット。

なんかデカいので僕がネットですくいました。

僕のバスより大きいし!

やっぱりシマダは持ってましたわ。

「ネコリグ10年振りくらいに投げましたわー。」やて。

 

この後、ハッピーさんが心配そうなので

Y企画の桟橋に戻る。

途中、船を操船していて睡魔が襲って来たが

必死で耐えて桟橋へ。

シマダは長い階段を上がってハッピー散歩。

その間僕はこのままでは帰りの運転寝てしまうなと

宿を手配。

その間、シマダに久保さんから

「待っててなぁー。」との電話があり、

しばし待つ。

まだ待つ。

もっと待つ。

待てど暮らせど久保さんは全然桟橋に来ません。

しびれを切らしたシマダが電話すると

まだ久保さんは釣りしてました。

困ったおじさんです。

 


池原で久々に揃った3人。

まあまあ話し込む。

久保さんのマシンガントーク炸裂。

昼から急激に寒くなって来ました。

 

その後、前鬼筋へ。全然だめ。

水が回復していることを祈って最後は白川筋へ。

水色は少し良くなっていた。

小さいバスが何本か見えた。

バラムを最高のプレゼンテーションで通す。

ジャックハンマーも通す。

ベルカントも通す。

12インチボウをズル引く。

 

無。

 

今回のスクランブル釣行を終えました。

 

バラムで超デカバス連打の夢は幻に終わりましたが、

状況悪化の中、アジャストしていい釣りが出来たかな。

心優しい悪魔オジサンの誘いのおかげで

楽しい時間を過ごせたことに感謝しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2020.03.26(木)
カテゴリー:バス釣り

バサーオールスターを振り返って。

久々のブログ更新です。

いろいろあって帰ってから忙しく、報告が遅くなりましたが、

2020バサーオールスタークラシック報告です。

 


応援していただいた皆さん本当にありがとうございました。

結果は全然ダメでしたが、

学ぶことが多い試合となりました。

風を待ち、風に翻弄された試合でした。

 

直前プラクティスは6日間入りました。

荒れる日が多く行きたいエリアが限定されました。

プラ始めたころは寒かったが

終盤に近付くほどに気温、水温共に上昇していきました。

プラ初日はJBマスターズの試合直前だったので

JBエリア外へ向かいました。

 


グラスリッパー1/4ozプロト&ヘッドシェイカー5インチ。

あっさりと喰った。

横倒れのアシを乗り越えたら喰うのが見えた。

ロッドはオライオン69Hスターゲイザー。

ラインはマジックハードR16ポンド。

このバスがチャージャー210新艇の初バスとなりました。

余裕のキロオーバーでした。

その後、風の当たるアシ先端を同ルアーでかすめたら

もんどりうってデカいの喰うが乗らず。

 

翌目は大荒れの為、出船中止。

その後は2日間ノーフィッシュでしたが

ニュークランク「ベルカント」には何度か

バイトがありました。

この試合で使うために作ったルアーです。

 

プラ4日目。

 


一番手ごたえがあったのはベルカント。

風が当たるタイミングでブレイクがある場所。

石系のものがあればさらにイイ感じ。

これは1200g。

ロッドはオライオンプロト。

ラインはマジックハードR10ポンド。

 

立て続けに来た。

 


ブリブリの1800g超えフィッシュ。

ベルカントでウィンディーサイドを。

 


明らかにフィーディングの魚。

この場所は複数いると判断。

この魚を機に温存することにして離れ、

似た条件の場所を探しました。

 

プラ5日目。暖かくなりました。

大きくエリアを変えました。

 


カバークリーパー5.8g&アントライオン3.3インチ。

キロオーバーでした。

岸際ではなくブレイクショルダーで喰いました。

ロッドはオライオンプロト67ML+。

ラインはマジックハードR14ポンドです。

 

その前に浅いアシ際の際を攻めていましたが

まるで反応ないのでディープ隣接のストレッチ攻めに

狙いを変えます。

 

カバクリ&アントをブレイクまでスイミングさせると明確なバイト。

余裕の2kgオーバーが来ました。

ジグを飲んでいたためか口中で薄皮一枚のフッキングとなったのか

ボート際で手が届く寸前でバラシ。

この魚で閃いてブレイクをクランクで攻めることにします。

ベルカントですぐに来ました。

これもボート際でバレましたが

小さく見ても1500gくらいのデカバスでした。

 

その後は深い場所から浅くなる変化を

ライブスコープローテータで見つけて

ジグを落とします。

 


また来たキロオーバー。

カバークリーパー5.8g&アントライオン3.3インチ。

ディープを控えた地形変化です。

翌日の最終プラは朝一からショックなことがありました。

ベルカントに使っていたプロトが折れてしまいました。

あろうことか、よろけて踏んづけてしまったのです。

後悔してもどうにもならないけど打たれました。

気を取り直し、ロッドを変え、

フィーディングで連発しそうな場所を

次々とチェックします。

何度かショートバイトや一瞬乗ってバレる魚だけで

ノーフィッシュに終わりました。

本命場所は触っていませんが

魚とタイミングが合っていないと判断。

でも、優勝出来る魚は見つけていると期待が膨らみました。

 

オフリミットの金曜日は久々にゆっくり寝て

ABCマリーナの艇庫でタックルの準備、

ボロボロになったエレキのペラ交換、

昼は盛三やABCの仲間と中華行って昼飯。

クルマの洗車など。

宿に帰って風呂に浸かってから

夕飯ちゃっちゃと食べて9時頃には就寝。

 

明けて試合初日。

朝2時10分起床。

無理矢理起きてすぐ朝飯を押し込む。

僕は起きてすぐ出ないので

トイレを済ますため人より早起きです。

5時のミーティングは時間厳守なので

艇庫へ4時前に到着し、会場へは4時半ころ到着。

潮来マリーナは20年振りくらいなので

星野に運転してもらい知らなかった裏道で

思ったより早く到着。

会場も変更になり無観客試合ということで

いつものオールスターとは全然感じが違う。

でも、やることは同じと気合を入れます。

 


朝のインタビュー。

デカバスを持ち帰りたい思いを。

 


スタート前。

試合初日の模様は実況で見ていただいた通りです。

スタートからファーストスポットまで約1時間でした。

魚の付き場が変わっていました。

岸際で思わぬバイトがありました。

プラで釣ったことが無かった800g台の魚。

水温はプラ時より3℃以上上がっていました。

変わったことに気付いて行動を変えるべきだったかも。

 

風を待ちましたが待ちきれず、

終盤にベルカントで釣ったストレッチまで大移動。

痛恨のミスバイト2回。

一瞬乗って「来た!」と言ったらすぐバレる。

釣ると釣らないとでは大違いの結果でした。

紙一重ですがタラレバは試合ではありません。

 


初日は無念の1本ウエイン。

でも、プラで釣った魚獲り返せばまだまだ優勝や上位入賞の

可能性は残されています。

 

2日目は一か所寄り道。

シラウオがいました。

スイムジグでミスバイトして

前日最後の遠隔地のストレッチへ。

予報では到着するころには

風速2m以上の風が当たるはずなのに

ずっと無風。

らしき場所をランガンして戻ります。

でも風は吹かず、立ち去ろうとしたときに

プラで釣れた時と同じ風がそよそよと吹き出しました。

後で思えばこの時に移動していたらと

思ってもあとの祭りでした。

ミスバイト後、バイトはニゴイ。バイト。キャット。

これは水温上昇で変わってしまったようやく諦めて移動。

 

ところが走行していると

突然とんでもない突風が吹き

霞で今まで経験したことが無いような

大波が襲い掛かって来ました。

僕がいた場所は完全に風裏になっており

ここまで大荒れになっていることに気付きませんでした。

天気予報が外れたと思ってしまった自分の判断ミスです。

霞ヶ浦をまだまだ知らな過ぎた。

一番大荒れになる場所にいました。

 

その後は波を何発もくらい危険と判断。

命がけで走ることは出来たかもしれませんが

安全第一。命が一番大切です。

自分もですがプレスの命がかかっています。

バスボート初体験のプレスさんは

「大丈夫です。」と何度も言ってくれましたが

怖い思いをさせてしまって申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

本当にごめんなさい。

 

漁港に入る時が一番危なかったです。

操船を少しでもミスしたら

壁に打ち付けられてしまうほどの

大うねりの追い波でした。

 

なんとか漁港に避難して本部に連絡。

波が治まるのを待ちますが

波しぶきは漁港の壁を越えて来ました。

いっこうに風は弱まることがなく

棄権を本部に告げました。

無念ですが競技結果より命の方が

遥かに大切です。

遠隔地に行ったことは自分のミスです。

しかし避難したことは最良の判断だったと思います。

 

避難中にABCの伊藤さんたちが来てくれ

ボートの番をしてくれ

僕はプレスさんと共に森さんのクルマで会場へ。

なんとかウエインショーに間に合いました。

みんなありがとう。

 


トレーラーウエインではなく歩いてのステージ。

めちゃ日焼けしてます。

上位入賞者のコメントは物凄く勉強になりました。

 

こうして延期延期で無観客試合となった

2020バサーオールスタークラシックは終わりました。

本当に色々なことがあり思うこと沢山です。

 

応援してくれた皆さん、サポートしてもらった

かけがえのない仲間に感謝しています。

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2020.03.10(火)
カテゴリー:バス釣り

つかの間の大阪。

大阪に帰って来たら霞にいた時に比べ

暖かすぎてびっくりしました。

今日は朝からジャジャ降りの雨。

暖かい雨は春を運んで来ます。

 

昨日は自宅にこもり、

ルアマガ一刀両断の原稿書き上げました。

体調が今一つ優れなく、

書き出すまで時間が掛かりましたが、

書き出すと超集中力で一気に出来ました。

今日は良く寝たので復活しました。

 


持ち帰ったタックル達。

今日からオールスターに向けてタックル選定、

ルアー追加、ライン巻き替えなどを行う予定です。

 


もうすぐ霞に戻ります。

季節は進んでいるはずです。

束の間の大阪ではバタバタしそうです。

 


ガーミンフォースの予備プロップも手配。

ガーミン代理店やってるフラッシュユニオン藤木淳にお願いしました。

ちょっとやそっとでは割れそうにないけど

万が一割れたら釣りにならないので、

転ばぬ先の杖というやつです。

でも、プロップ高すぎでビビりました。

 

プロ野球も開幕延期でなんだかなー。

ライブもイベントも軒並み中止または延期。

バサーオールスターも無観客試合になり、

寂しい感は否めませんが、

試合がやれる幸せをモチベーションに頑張ります。

やることと目指すことは同じです。

 

とかくコロナコロナで気持ちがスッキリしませんが

少しでも明るい話題を提供出来るよう

全力を尽くします。

実況中継で応援して下さい。

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2020.03.09(月)
カテゴリー:バス釣り

帰ってほっこり。今日は書き物。

昨日は霞のABCマリーナから8時間弱のドライブで自宅到着。

高速は渋滞もなくスムーズでしたが

三重県くらいまでずーっと雨。

途中どしゃ降りの時間も長かったので

まあまあ運転に気を使い、疲れましたナ。

 


パーキングで3回休憩。

眠気が来たら休憩です。

雨降り過ぎでした。

 

自宅に帰ると大学の春休みで長男が帰って来てました。

馴染みの寿司屋リクエストされ、家族で晩飯。

長男と一緒に酒飲むのは2回目。

ほっこりしました。

 


うにー!

メチャ甘くて美味すぎでした。

 


ブリ大根。

これはここでしか食べれない味。

ガンちゃんも大好物です。

 


すしー!

マグロ中トロ絶品!

美味すぎで楽しい時間。

家族でほっこりしました。

お酒はほどほどにして引き上げました。

 

帰り道。

空を見上げると煌々と月が輝いていました。

僕は月を見上げる者。ムーンゲイザーです。

今日は満月。

 

オリオン座も美しく輝いていました。

英語読みではオライオンですな。

写真撮りたかったけど僕のケータイでは無理でした。

伊地知さんに頼んでみるかな。

 


月は見上げる者を明るい光で励ましてくれています。

 

晩飯から帰ってOZZYが表紙のプレイヤー読んでたら、

凄まじい睡魔が襲って来て

すぐに爆睡。

でも、僕もOZZYなので朝は早く目が覚めました。

 

気が付けばルアマガ連載「一刀両断」の締め切り日。

霞にいる間に

原稿少しづつでも進めておこうと思っていましたが、

それは到底無理な話でした。

毎日宿に戻ったらフラフラでしたわー。

 

今日は自宅閉じこもりきりで原稿仕上げます。

 


またすぐにここへ戻ります。

次回はオールスターに向けて。

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2020.03.08(日)
カテゴリー:バス釣り

大阪へ。

霞ヶ浦に一旦お別れです。

 

今日、大阪に帰ります。

 

昨日は早上がりしてBasserのインタビュー取材。

終ったらもう夜。

こちらに来てから一日が早いです。

 


艇庫にて。

JBマスターズのプリプラで来ているコバ。

遊びに来てくれてオライオンプロト持って

喜ぶ沖田総長と。

 

コバは霞入りしてから3日間、

何も釣れませんでしたが

昨日、プラ4日目にして初バスを触りました。

コバええなぁ。

 

僕は3日連続丸タコです。

慣らし運転や魚探掛けなど

釣りばかりしていたわけではありませんが、

釣りにかかってもかすりもしません。

 

着いた日は暖かかったけど

次の日から雨、大荒れ、冷え込みで「なんでやねん!」な感じ。

3タコは超久々ですが、

急激に冷えて水温低下著しく

嵐による爆風により

水がかき回されたこともあり、

稀に来るバイトは

ことごとくショートバイトのみに終わりました。

まあ、仕方ないかな。

今の状況が余程悪いということです。

 

魚を釣るに越したことがないけど

その前にしておかないことが出来たのが良かった。

ボートのセッティングが仲間の協力で終わり、

タックルのシステム収納もシュミレート出来、

慣らし運転も終了。

エレキやエンジンフットスロットルの

前の船とは全く違う踏み心地に慣れて来たことが

良かったと考えることにします。

魚を釣るのはオールスター本番です。

 

ニューチャージャー210の走りは素晴らしいの一言です。

荒波での走破性は前の船を超えていました。

剛性がかなり増した感じ。

わざと荒れた風が当たる面を走行していました。

ラフウォーターでの安心感が半端ない。

また前の船にはベラード300載せていましたが

今のエビンルード250の方がスピードが早くなりました!

 


釣りしている時の安定性も抜群。

前に付けていたウルトレックスとは踏み心地が全く違う

ガーミンフォースでのボートコントロールにも

慣れて来ました。

やっと新艇が自分の手足に近づいたかな。

試合本番までに完全に自分のものにしたいです。

 


360度に映った沈船。

一応魚探掛けなどもしています。

キャットしか釣れませんでしたが

本番で機能したらいいな。

 

来週はバサーオールスターの直前プラで再び霞入りします。

季節は大きく進むはずです。

 

今から艇庫行って片付け。

 

今日は大阪へ帰ります。

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません