「バス」 のアーカイブ

2010.03.12(金)
カテゴリー:バス釣り

合川ダム2日目。

さて、合川ダム2日目、3月10日の釣行のレポートです。


この日は雨は止んだが、さらに寒い!


気温は1日中3~5度くらい。さらに昨日より3m減水が進んだ。


でも、ポジティブに考えると、


バスもこの水位の変動と寒さにそろそろ慣れてきているかも?


また、この日こそは、「ジャイアン沖田に釣らせなくては。」と


期待を込めて、7時半に出船。




ダムの放水はまた、前夜の内に終わったようで、カレントは感じられない。


さらに減水が進んでいるので、昨日良かったエリアのさらに下流から


釣り始める。この読みが当たった!




ふと、閃いてレンジが深いビッグベイトのカイテンを結ぶ。答えはその1投目に来た!





朝イチに来たブリブリのバス。47cm。


オレンジのカイテンが見えなくなるレンジでバイト!


ロッドはヘラクレス7。ラインはマジックハードR20lb。


遥か彼方までブッ飛んでいきます。




2本目もすぐに来た!今度はやや小振りの43cm。


ふとショアーラインを観察すると、小さな張り出しに見えバスがちらほら。


雨が止んだのが原因なのかバスが浮いて来た。




これはチャンスと、総長に釣らすべく、僕はバックシートへ移動。


沖田にエレキを踏ませ、僕の手持ちのカイテンをアクテオンにリグらせる。




ビッグベイトで釣りたい彼にボートポジションや通すコース、リトリーブスピードを


レクチャーする。沖田君は大興奮だ。でもなかなか、上手くいきません。


小さなワンドで、僕は昨日のキャスティングジグにチェンジし、


ボートポジションが違うので、フルキャストでショアラインを撃ち始める。




すると、すぐに「ゴリッ」ときた岩からジグをはずしてフォールさせポーズさせていると


「モタッ」という違和感に体が反応!


心地良い重量感を楽しみ、余裕で抜きあげる。ヘラクレスええ竿です。





キャステイングジグ一番やー!でかいです。




次のキャストでも!



またまた来ました!ゴンザリーノ!




バックシートでも余裕です。「沖田君、悪いねー。」




しかし、爆釣モードはこの一瞬だけで、見えバスもすぐに


全く姿を消した。


「総長、早く釣ってくれー!」


その願いも空しく、時間だけが過ぎて行く。


しかし、チャンスは再び訪れ、


それまで吹いてなかった風が吹き出した。


僕は岬にすかさず向かい、風によって水が動く裏側を狙って


風下から、再びカイテンを投入。ルアーが見えないレンジまで


沈めてリトリーブを開始する。


「ドン!」すぐに激しいバイトがあり、ゴン太クンが姿を現した。


ヘラクレス7の豪力パワーで難なくあしらい、フッキングの状態を確認して、


一気に抜きあげる。





こんなん来ましたけどー。余裕のゴンザレス!2500g!ぶっといです。


それにしても、カイテン凄いルアーです。




表層を引くビッグベイトやS字系でも攻めきれない


ディープをトレース出来る意味は大きい。


ただ、僕の場合、バイトやチェイスを目視することで、バスを探し、投げ続けるモチベーションを


保つ意味合いを重要視してきたので、どちらかと言うと見えないビッグベイトは苦手系だった。


第一、面白みに欠けると思っていたきらいがあった。


ただ、カイテンが表層系ビッグベイトに全く出てこない状況や


深いレンジのでかバスに強力な威力を発揮すると、体で理解した今では、


コンフィデンスを持って使い続けられる持ち駒の一つになった。


ガンちゃん、凄いルアー作ったなー!




ところで、この日まだ釣れていない総長はというと・・・





やっと来ました!合川ダムファーストフィッシュ!


でも何故か38cm。


身長2m(ウソ!)の彼が持つとバスが異常に小さく見えます。


でも、釣れて良かったね。


「今回の釣行は本当に勉強になりました。」と彼は言ってくれたが


ホンマはもっと釣らせてあげたかったです。もっと暖かくなってから


リベンジに来てね。ビッグベイトで釣らせます。




そして、昼からは、全く何の反応も途絶え、ヒョウから雨に変わり出したので、


この日はあっさりと3時前に退散。




総括すると、暖かい日が続いた後の大寒波、超満水からの急な減水、


ノーカレント、冷たい雨と天気に翻弄されそうな釣行であった。


この日は、5本で余裕の8キロ超えの釣果をたたき出せたが、


バイトは僅か5バイト。紙一重の釣りであった。


でも、確実に春は来ています。


次回の釣りも三寒四温に翻弄されないよう頑張りたいと思います。




明日の土曜日13日は、フィッシングエイトさんのイベントで


近鉄ハーツに行ってきます。僕の出番は12時30分です。




皆さん、来てね!

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.03.11(木)
カテゴリー:バス釣り

雨の合川ダム。

お待たせしました。


3月9日の釣りは合川ダムでした。


当日は、日本各地で大雪です。


レンタルボート屋さんの情報では、2~3日前の暖かい日は


水温が15度まで上昇し、ジャークベイト中心で19本という人も。


バスもいっぱい見えていたらしいです。


ガンちゃんが7日にバックウォーターを見に行った時は


45~50cmクラスが50本は見えた!というこの時期としては


異常に景気のいい話もあったが、減水が進み、


8日には全くそこにはバスが見えなくなったらしい!


急に寒くなるし急に減水するし、なんでやねん!




事実この日は、前日から一夜にして4mの大減水。


おまけに、ほぼ、1日中雨で寒かったです。


フル満水を保っていたダムは明らかに変貌していた。


7時30分に遅めのスタートです。大苦戦の1日の始まりです。





本流の滝。雨でドバドバです。




水温は12.6度に下がっていたが、この時期にしては高い。


でも、浮いているバスは見えません。


どちらかというと、ジャークベイトで釣りたい僕はサイドステップSFに


0.25gほどエスウエイトを貼り付け、完全サスペンドに調整。


フェイスにローテしたり、スーパースレッジまで動員するが、ノーバイト。


ジャークベイトにまとわりついてくるはずのバスも全くいません。


勿論、ビッグベイトにはチェイスすらなく、ノー感じ。


大減水でバスのポジションが明らかに変わりました。


おまけに放水は前夜の内に止まったらしく、


ノーカレントでバスもやる気がなさそう。


でもディープはやりたくありません。




一方、一人でハイになっていたのがこの人。


普段はマッディーなフィールドで釣りをしているので


クリアーな合川ダムで釣りをするだけで、大興奮の総長沖田!





もくもくと釣りをする総長。かなりハイテンション!




私見ですが、合川の場合、雨が降るとバスが沈む傾向が強いことが多い。


酸性雨によるペーハーの変化によるものと考えています。




なんだらかんだら、言いつつ、3時過ぎまでノーバイト!


でも、転んでもただじゃ起きないのが、ジグ番長です。





苦節8時間!ブリブリの50アップ!




ダムの放水が止まっているのに雨が降り続け、徐々に増水していました。


(ボート屋さんに帰ったら朝より1m増えていました。)




水温の低下したバックウォーターからかなり下がった、水温が落ち着くエリアに


差し掛かった小さな張り出しのシャローで、やっと来ました。





ジャジャ降りでショビレーヌの中、なんとか気合で仕留めた1本。





僕の釣ったバスを手に持ち、うらやましそうな総長。





春先の伝家の宝刀。ブラウンパープルのキャスティングジグ1/2oz。


トレーラーは勿論、ビッグダディーです。




ロッドはヘラクレスヘラクレス。ラインはマジックハードR20lbの


黄金のセッティングです。




このあと、夕方近くなって、雨がやっと止み、


ついにバスが浮いてきました。


小さな岩の張り出しやワンドの入り口の出っ張りに見えバスが


やっと確認できるようになってきた。ただ、レンタルボートは5時まで。


無常にもタイムアップか!と思い出した時、「コン!」





先程よりは小ぶりですが、ブリブリ君が来ました。




単に夕方になったからか、雨が止んだか、水位の変化にバスが慣れてきたのか?


原因はさだかではないが、とにかく捕食に上がってきたバスをなんとか、


先のキャスティングジグで仕留めた。2バイト2フィッシュ。


厳しい1日でした。




ずっと寒かったが、最後で少し心が暖まりました。




ジャイアン沖田は、僕と釣りをしたことと、


帰る間際にかなり見えバスを見て大興奮。


ノーフィッシュながら、かなり感激していました。


この日の夜は焼肉を荒食いしながら、熱く語っていました。




釣行2日目の模様はまた、明日!


いい釣りが出来ました。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.03.06(土)
カテゴリー:バス釣り, ルアー, ロッド

琵琶湖でドン!コンバットクランク250。

昨日の池原情報に続き、

今日は琵琶湖情報です。

コンバットクランク250で

バスキャッチ店長の石井君が釣りまくってます。

2月26日の彼の釣果です。





始めはSRミニでナイスフィッシュ。





真打コンバットクランク250で。63cm!

赤ノ井のシャローです。


注目すべきは石井店長はクランキンロッドとして

ヘラクレス下野流C68L/MHを使用していることです。

本来はアフターの吸い込みの浅いデカバスを

ライトテキサスで獲る為に開発されたロッドですが、

ベイトネコやヘビダンあるいはメタルジグにも適合することが

発覚しつつあったのですが、彼は素直に入るティップセクションと

強靭なバットセクションがクランキングにも絶対いいはず!と

初めて持った瞬間に確信したそうです。

やりますな。店長!

ちなみにSRミニもこのC68L/MHで使ったそうです。

ロッドへのフレシキブルな考え方は時に凄い性能と結果を導きますなー。





コンバットクランク250!パンキンシードカラー!

丸飲みの63cm、4300g。


池原もそうですが、クランクが爆発し出しています。

コンバットクランク250の快進撃は続きます。

この後日も彼の店の女性店員さんが同コンバットクランク250の

プリスポーンダイナマイトカラーで50UPを2本。


3月4日もまた店長石井が250で57cmと50アップ!

同船のお客さんも250で50アップ!

琵琶湖は今、コンバットクランク250祭りに突入した模様です。 





昨日は琵琶湖でガイドをしている大西健太が遊びにきました。




サトシンも頑張りやー。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.03.04(木)
カテゴリー:バス釣り

BASS WORLD 取材。

今日はバスワールドの取材。


とは言っても、実釣の取材ではなく、「春のタックルボックスの中身」

という撮影とインタビューの取材なので、釣り場ではなく会社です。

ホンマのこと言うと釣りの取材のほうがいいですな。

でも、ちゃんと真面目に取材は受けます。





僕の主力ボックス。バーサス8050。

どこに行くにも持っていくドデカBOXです。


死ぬほど重いです。





アングラーを興奮させるボックス!バーサス3080。

僕はビッグベイトBOXとして使用してます。


 



ジグ番長の「命BOX」のインタビュー中です。


というわけで、数時間かけて取材は無事終了。

詳しくは次のバスワールド誌で見てください。


ところで、今、エバーグリーンではエギ番長のりのりキャンペーン

いうのをやってるんですが、締め切りがいよいよ近づいて来ました。





締め切りは3月10日までです。残り僅かです!急げ!




僕も持ってないオーパス1のダブルハンドルのカスタムブルーを始め、

インペリアル、その他豪華商品が当たる大チャンスです。

特にオーパス1はサル番長が死ぬほど欲しがってました。でも、あげません。




そろそろでかイカのシーズンです。


激釣れエギの番長買って、でかイカ釣って、ついでに賞品をゲットして下さい!


 


僕も久々にでかイカ釣りに行きたいですわー!




全く関係ないけど昨日のサトシンです。


ブザービーターで釣っとります。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.03.03(水)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

一刀両断そしてスラッグシャッド!

昨日、「一刀両断」最新DVD編集の最終チェックに行って来た。


陸っぱりオンリーの総集編だが、かなりイイ出来に仕上がっていた。


ディレクターのキリギリマン、頑張ったなー! 


今日、ナレーション入れです。


いよいよ発売が近づいて来ました。





いつになく真剣な表情のキリギリマン。やる時はやります





タイトルは「陸っぱり免許皆伝 The Best Selection !」





パッケージデザインはもう完成しました。わ、若い!




ラバージグとビッグベイトに的を絞ったビッグバスとハウツーが満載!





野池での撮りおろし映像。SRミニで入れ喰い!





これも、撮りおろし映像。ポッパーフロッグで魚雷がドン!




総集編では、ジグ番長、ビッグベイト番長の歴史と


不変のテクニックが文句なく楽しく学べる!


初期プロトのプラスティック版のティンバーフラッシュや


結局、発売されなかったサイズのジョインテッドクロー初期プロトも


出てきて、なかなか興味深いです。


でも、ジグはCCラウンドとキャスティングジグです。


イイものはずっとイイってことです。


間もなく発売です!お楽しみに!




それと、宇宙人(本名スラッグシャッド)いよいよ発売です!





パッケージはこんな感じです。


2本入り。クセがつかないようにブリスターパックに入ってます。





カラーチャート。全8色です。




ヨコヨコに泳ぐサイドスライドリグにセッティングするには、


アクティブのミサイルシンカートーナメントというネイルシンカー


1/11ozを基準に挿入。


(腹側の頭側にネイルシンカーを収めるフックホールがあります。)


フックはデコイのカバーフィネスという僕がデザインしたガード付きのフックを


膨らんだ長楕円の真ん中くらいに外から内のスリットに向けてセットします。


サイズは2/0です。


こんな感じです。


横から見たセット例。フックはカバーフィネス2/0。




左目の側に刺すと左へ泳いでいきます。







上から。フックは外から内へ。スリットを縫わないこと。




このスリットを上から下まで貫通させたことで、水を吸い込み、


大きく吐き出す他に類を見ない波動、と水押しを実現させた。


それに加え、同時に宇宙ハンドがピリピリ震え、


「ピリッピリのボワンボワン」という摩訶不思議なアクションを生み出した。




注意すべきは必ずガード付きのフックを使用すること。


そうしないと着水のショックなどで、自己フッキングし、正しく泳がなくなります。


あと、極力ルアーをロストしたくないという思いで、スラッグシャッドは


粘り気のあるエラストマー素材で作りました。1匹や2匹釣ったくらいでは


飛んでいかないので、環境に優しく、なおかつオトクです。


フックを刺した穴が広がってきたら、


瞬間接着剤を1滴落とせば、より長持ちします。





伸びーる。エラストマー素材。丈夫で千切れにくいです。




でも、あほみたいに引っ張りすぎると千切れるので注意!


また、エラストマー素材は他のワームやルアーと一緒に保管しないこと。


溶けてグチャグチャになります。




使い方は小刻みなシェィキングリトリーブが基本。


タックルは基本的にベイトタックルになります。


ロッドはヘラクレス エアレギウスが絶対のお薦め。


ラインはマジックハードR10lbを僕は使っています。


この釣り方では、僕は右手でアクションをつけ、


レフトハンドルリールを使います。




スラッグシャッド!釣れるよー!







コメント・トラックバックは受け付けておりません