「2020年06月27日」 のアーカイブ

2020.06.27(土)
カテゴリー:バス釣り, ルアー, ロッド

オライオンブラックローズ&バラム245インプレ。

昨夜、池原ダムから帰って来ました。

テスト釣行でした。

 

初日は朝、ゆっくり出撃。

 


いきなり蒸し蒸しで暑かったです。

この前きたときよりかなり増水していました。

雨による流入の勢いを期待しましたが

たまに雨が降ったのみ。

水温は26.5℃まで上昇してました。

初日は歌手の森口君と同船。

 

テスト目的の一つはこれ。

 


バラム245とオライオンブラックローズの相性テスト。

やっと自分のカラーが出来た来たので、

遅ればせながら試す気持ちになりました。

サタンオジサンが絶賛しているので、

まず間違いない組み合わせですが、

自分で体験して納得したかった。

今回はバラムに出る感じが全然ないと感じるコンディションでしたが

テストなので無理矢理やっていました。

チェイスからエイトトラップに持ち込むことだけで

結果的には釣れませんでしたが、

以下にインプレッションを記します。

1.超軽い!

バラム300とアクテオンマグナムEXのセッティングと較べると

半分くらいに感じてしまうほど軽い!

リールは同じアンタレスDCMDXGです。

ラインも同じバスザイルフレックスハードHD25ポンド。

「片手で投げられるのでは?」と

勘違いしてしまうほどです。

2.メチャ飛ぶ。

振り切りが早く、楽に出来るためブッ飛んで行きます。

またブラックローズは7フィート1インチレングスなので

低弾道でのキャストが可能となり、オーバーハング(今回はなかった)に

撃ち込むのも楽そうです。

3.エイトトラップがめちゃ楽!

バラム300のエイトトラップは「魚が喰う!」と

興奮してアドレナリンが出ているので出来ること。

相当な体への負担がありましたが、

ブラックローズでは

ルアーもロッドも軽いのでメチャクチャ楽に出来ました。

グリップエンドから重心がかかるリールまでの距離が短いため

手首や腕に掛かる負担が非常に少ない。

 

これは麻薬的な組み合わせでした。

アカン!ほんまにあきませんわ!

こんなに楽を覚えたら

バラム300を一日中、アクテオンマグナムEXで振り回すことが

しんどく感じてしまいます。

と言うわけで自分を律するために

今回釣行はアクテオンマグナムEXと300の組み合わせに途中から

戻したほどです。

 

打撃系ヘビーロッドとして作ったオライオンブラックローズでしたが

バラム245や他のビッグベイトなどにもかなりイケてることを確信しました。

出来ることなら至近距離でのフッキングの良さを実感したかったけれど

それは島田が太鼓判押しています。

僕は次回に実感したいな。

 

今回の池原はタフだったのでオライオンスピニングのテストに

時間を掛けられました。

 


ラストエース80F自作ジグヘッドリグで釣った魚。

いいテストが出来ました。

 

池原テスト釣行の続きはまた後程レポートします。

お楽しみに!

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません