1 2 3 4 5 6 945
2016.12.08(木)
カテゴリー:バス釣り

一刀両断解説撮影終了。

昨日の一刀両断DVD解説撮影は長時間に及びました。

 

P1240545
画像見ながら菊元目線での解説。

1本1本のバスにたどり着くまでには、プロセスがあります。

バスとの間合いを人為的に近く出来る方法などを

自分なりに分かりやすく解説したつもりです。

 

ロケ地は霞ヶ浦、芦ノ湖、池原ダムです。

それぞれタイプオブレイクが違うので

プレゼンテーションの「間合い」が変わって来ます。

以下は映像に収められているバス達。

 

P1170911
灼熱の霞ロケ。気温37度でした。

超一等地にいました。

 

芦ノ湖
芦ノ湖のディープマジックフィッシュ。

芦ノ湖はスーパークリアでバスの目が異常にいい印象。

マッディーな霞の間合いと全く違います。

 

池原
池原ダムはフィネスでした。

バスの目隠しになるものを利用して釣っていました。

その核心となることを解説しました。

ロケ時は気が付きませんでしたが、

後で映像チェックしてたら巨大なバスがブリムスライドにフォローして来ていました。

 

撮影終了後はチャックさんが

さざれへ連れて行けとうるさいのでさざれさんへ。

荒食いチャックでしたわ。

 

今日はカタログ及びルアマガ連載記事などの原稿書き。

文筆業ですわ。

10日の菊年会行くまでには全てを仕上げます。

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2016.12.07(水)
カテゴリー:バス釣り

今日は撮影。

今日は撮影です。

 

P1240543
チャックさん準備中。

一刀両断DVDインタビュー解説映像撮影。

社内会議室特設スタジオにて。

 

P1240535
VTR見ながら菊元的思考で解説します。

多分、夜までかかります。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2016.12.05(月)
カテゴリー:バス釣り

違和感はアタリ。獲れないアタリを獲るために。

昨日は自宅に大久保幸三が遊びに来てくれました。

クワガタの羽化した成虫の掘り出しを手伝ってもらいました。

 

P1240524
掘り出したクワガタを手に、異常に喜ぶ大久保幸三。

クワガタ飼育のクライマックスです。

ガラス瓶にはガツガチにマット詰めてあるので

スパテル(専用のスプーン)でクワガタ刺さないように慎重に掘り出し。

クワガタを掘り出すのは13年振りくらいらしく、この上なく慎重でした。

僕はもっと大胆です。

大久保が掘り出してくれたクワガタの中から

お友達の子供さん用に1ペアをプレゼントしました。

 

その後は、大久保待望の店に晩飯へ。

 

P1240527
てっちゃん鍋です。絶品です。

何回か連れて来ていると勘違いしてましたが、

本人いわく2回目らしいです。待ち焦がれたらしいです。

世界一美味いと大絶賛。〆の雑炊まで完食。

楽しい時間を過ごしました。

また、遊びに来てやー。

 

それでは各地の釣果情報。

 

琵琶湖の大西健太。リトルマックスTGマッスル投入。

 

.jpg56cm2700gマッスル
56cm,2700g!リトルマックスTGマッスル3/8oz。

TGマッスルは3/8ozでもサイズは1/4ozと同じ長さ。

ストーンと早くフォールするので

より冷え込んだり、食性で口を使わないバスに

リアクションバイトさせることが出来ます。

この日はリトルマックスTGマッスルでこの他複数のバスをゲット。

ロッドはヘラクレス69HLTS。

ラインはマジックハードR16ポンド。

その他、フットボールジグや安定のウルトラスレッジ、

グラスリッパー&ヘッドシェイカーもヒットルアーでした。

 

こちらは霞の蛯原英夫。

 

C-42.7gです
ヤバい時の神ルアーC-4ジグ2.7g&C-4シュリンプ3.5インチ。

ロッドはヘラクレスFACT511MH。

ラインはマジックハードR10ポンドです。

昨日の霞で2本ゲットしていました。

霞はまだ水温12度あり浅いカバーで出たみたいです。

でも、アタリはだんまり。

目の前に落ちたものを喰って動かない感じらしいですわ。

僕も良く経験しますが、

タフな時の霞にありがちな現象で

喰って反転したり、走ったりしません。

つまりは当たりは出ません。だんまりです。

引っかかるはずのないところで「引っかかったかな?」と感じたり、

まだ沈むはずなのに止まったりしたら、アタリである可能性が高いです。

エビちゃんはこんなバイトを獲る名人です。

また、C-4ジグにソリッドティップのFACT511MHを使うのも、

違和感を感じる為と思われます。

ラインスラックを張り過ぎないで、バイトを感じられるからです。

 

「コン!」と来て合わせても乗らないのは、

多くの場合、バスがルアーを吐いた時に出るアタリです。

この傾向はシンカーが重かったりしたときに顕著です。

「バスに吐かれる前に合わせられるか?」

これは違和感を感じられるかどうかにかかっています。

吸う力が弱くても一口で吸えるC-4ジグなどを使うか?

それがタフコン、タフシーズンに

価値ある1本を獲れるかどうかの境目となります。

ラインを張り過ぎないこともコツです。

意識してワームやジグを操作してみて下さい。

 

こちらは飯田秀明。

霞のレイカーズトーナメントでまたまた優勝。

 

.jpg飯田君優勝
ハードベイトで2本で連続優勝。

エビちゃんとは違う(ポジション等)バスを釣っています。

バンクシャッドMIDとフェイスです。

 

.jpgバンクミッドウォレシア
1本目はバンクシャッドMID。

ロッドはヘラクレスウォレシア。

僕もMID使う時もバンクシャッド使う時はウォレシアです。

 

.jpgフェイスウォリアー
2本目はフェイス。

ロッドはフェイズウォリアー。

バンクシャッドやフェイスなどはもう少し水温下がれば、

デカいの来る確率が上がると予想しています。

 

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません
1 2 3 4 5 6 945