2010.02.25(木)

フィッシングショーセミナー映像その2。

昨日の続き。

フィッシングショーOSAKAのセミナーの動画です。






引き続き、ヘラクレスセブンフッターシリーズのお話。

アキュラシーキャストが決まるロッドの条件、

たとえ、ミスキャストしてもそれをカバーするロングロッドのメリット、

アワセの話などです。

それでは、見てね。



コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.02.24(水)

フィッシングショーセミナー映像その1。

今日は、久々に釣りをしています。やっぱり、釣りはええですねー。

この模様は、またレポートしようと思っていますが、

フィッシングショーOSAKAでの


エバーグリーンでの僕のセミナーの動画の準備が出来ましたので、

そちらを見てください。


ショーに来れなかった方も多いと思いますので、こんな感じでやっているのが

分かると思います。







コンバットスティックの歴史から革新的バスロッドヘラクレスに至るまでの流れ、

へラクレスセブンフッターの開発秘話、いままでのロングロッドの優位性と欠点、

その欠点をカバーして余りあるヘラクレス製法の絶対的アドバンテージ等々を

熱く語っています。


では、見てね。







コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.02.23(火)
カテゴリー:バス釣り, ロッド

アクテオンマグナムでロクマル!

昨日、アクテオンマグナムのことを書いたばっかりなのですが、


EGプロスタッフの大西健太が早速やりました。


日曜の琵琶湖のガイド中に60cmをアクテオンマグナムで仕留めました。





アクテオンマグナム!楽勝です。



南湖でのシャローでEGタングステンシンカー1ozを使ったテキサスリグのパンチング。

なんと、フリップロッドとしての使用です。

デカバスを遠くで掛けて、一気に引きずりだす為です。楽勝だったらしいです。

興味深いのは、大西はグリップをアクテオンのものと交換して使用していたことです。

こうすれば、約7フィート8インチになります。

まあ、ジャイアントベイトを投げるなら、絶対的なアドバンテージを

発揮するアクテオンマグナムのロンググリップですが、

フリップならはっきり言って、邪魔。

大西の柔軟な発想はなかなかよろしいです。





ロクマルはええなー。


ロッドは時として、開発者の意図したことを飛び越えて、

全く別の用途で威力を発揮してくれます。

例えば、モリゾーがディープクランキングロッドとして開発したストライクマスター77

ノーシンカーバックスライド系ワームやライトテキサスのフリップに快適なことは

コバこと小林知寛が発見しました。霞水系なんかにはハマるセッティングです。

僕が開発したタクティクスTR-FRはもともとトラウトベイト、ビッグベイト、

フロッグに特化したロッドとして生まれたのですが、

サタン島田のサイトのヘビーダウンショットロッドとして、

当時の日本記録をたたき出しました。剛力さを活かした使い方です。

アメリカのプロスタッフのジャスティン・カータクティクス・ピッチンフロッグ

バスザイルPEフリップ&フロッグ55lbにナイロンのフレックスハード20lb

リーダーとして使い、シャワーブローズをブン投げています。

西海岸のクリアーなレイクでスプークされることなしに、

大遠投して遠くで掛けるためのセッティングです。



ジャスティン・カーとシャワーブローズ。ロッドはピッチンフロッグ。



このように1本のバスロッドは使い手の発想や体格、体力にあるいは場所により、

無限の可能性を秘めています。

それは、このようにプロスタッフが教えてくれたり、

一般のアングラーが教えてくれたりすることも稀ではありません。




最近、頭が固くなりがちな僕も、「もっと柔軟な発想力を持たないと」と改めて思います。



関係ないけど今日のサトシンです。ガイド中です。

コンバットクランク320です。


ショー前後,忙しすぎて、全く釣りに行けなくて爆発しそうなので、今から旅立ちます。

デカイの釣りたいですわー!

コメント・トラックバックは受け付けておりません