2010.09.26(日)
カテゴリー:バス釣り, ルアー, ロッド

早くもロケの準備です。

昨日のうちに時間が出来たので


BIGBITEのロケの準備をあらかた終えました。




ロケは、水曜日出発ですが


火曜日はサンTVの収録があり、


月曜日は、ひょっとしたら関和が早明浦に行く途中で


会社に来るかもしれないので、バタバタしそうなので


段取りというやつです。





ラインの巻き替えです。


写真では2本ですが、一度に5本位のラインを引き出すことも


多いです。最近ずっと僕は手でラインを引き出しています。


ラインストリッパーも早く糸を引き出せていいですが


大量のロッドのラインを巻き換える時はこの方法が早いです。





今回はハードベイト野郎です。


勿論、ジグもセットしてあります。


相変わらず煩悩が強いので、タックルの数も膨大です。






ジグをセットしたヘラクレスヘラクレスには


新しくアルデバランMg7 をセットしてみました。


今回初めて使iいます。良ければ台数を増やす予定です。






 


勿論カエルもセットしました。


キッカーフロッグはハツカネズミ。


ダーターフロッグはアカハラを結びました。


ロッドはタクティクスのピッチンフロッグです。


カエルはまだまだシーズンが続くので


出る状況ならこれらでハメたいです。


映像なので迫力ある出るシーンを収めたいです。




今日はいつものごとく早起きしたので、


午前中にクワガタのケアをします。


今週は週末まで出っぱなしになるので


エサのゼリーは多めに入れてあげることにします。




それから午後から結婚式に出席する予定です。




結構ハードスケジュールです。











コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.09.25(土)
カテゴリー:バス釣り

ルアーマガジン11月号。

昨日、オールスター出場を発表して


忘れていたわけではないですが、


ルアーマガジン最新号の表紙は僕でした。


是非、買って見て下さい。





スピニングでもデカイの釣ります。




今は、ロケ当日からはウソのように涼しくなりましたが


グラビアでは、クリアーウォーターのサイト&フィネスのキモ


良く分かる内容になっています。


涼しい秋でも充分通用します。







ロケの前日、夕方に着いたのでちょい釣り。


夕暮れのティンバーフラッシュ。マットアユ!!


使うと必ず魚を連れて来てくれる魔力を持っています。


典型的な、フィーディングスポットで予告釣りでした。





しゃがんで、ボイルを待つ。


クリアーで浅いところではビッグベイトやトップなど強いルアーは


投げすぎは厳禁です。魚が上がってこなくなります。


「待つ」ことも重要なテクニックです。


また高いところから観察するとバスの行動も良く理解出来ます。





シャワーブローズでボイル直撃!


この釣法を僕は突きん棒漁法と呼んでいます。


シャワーブローズは超と言ってもいい遠投性能が


あるので遠くのボイルでもラクラク届きます。


ちなみにロッドはブルーマイスター。


ラインはフロロのマジックハードR16lb


僕は使っています。





取材を決定着けた54cm。


プアーな超シャローのサイトフィッシングで決めた。




ロケ日は、ボトムに群れるカマツカを狙っていたようなので、


ルアーはバスの進行方向の遥か上流にキャストしボトムにロングステイ。


プレゼンテーションのやり方などはルアマガ本誌で。




タックルはロッドが福島健プロデュースの61UL-ST「ソリッドセンサー」。


リールはオーパス1ネロ。ラインはマジックハードR4lb


ルアーはヴェイン5.5インチ1/16ozネコリグでした。




このあとも次々と同タックルでナイスなバスを仕留め取材は大成功でした。


ソリッドセンサーはヘラクレス初のソリッドティップのスピニングです。


流れの強い瀬でも50アップを止められる


ULとは思えないバットパワーを持っていました。


また、かなりヤバイフッキング状態でも


1尾もバラさずランディング出来た。


感度もソリッドティップと思えぬ程高く、


スモール専用の軟いソリッドではなく


ラージの大物を仕留めるソリッドスピニングだと


確信出来ました。


このロッド無茶苦茶イイです。


こだわりの職人福島はスピニング創りの天才かも!




また、最終日は更なる減水でバックウォーターのバスの数も


減少し、いても更に天才君に磨きがかかっていた。


5.5インチのヴェインネコも激無視になって


取り出したのがプロトの12インチヴェイン。


これをビッグバイトフィネス3/0にセットし


ブルーマイスターにリグる。


すると、なんと一発でバスが反応した。





12インチに異常反応。


この後も、3本程バイトするが無念のすっぽ抜け。


ロングワームはフッキングが難しいです。




また、グラビアには載ってないが


オネスティーのフックをワンズバグのもの(リアは羽付き)に


換え、さらにノーアクションにしたものを


見えバスの上流にキャストして巻いてくると


1投目でバイト!でも乗らず!や


表紙の魚より遥かにデカイ見えバスが猛チェイスするも


バスの位置の関係で引く距離が足らず惜しくもUターン


なんてこともあり、このシーバスミノーの可能性の高さも


再認識することが出来た。





オネスティーフェザーフックチューン。


流れにアップクロスに投げてUターンする軌道で引いてきます。


皆さんも是非、オネスティーをクリアーウォーターの天才君に試してみて下さい。




まあ、暑かったけど楽しい取材でした。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.09.24(金)
カテゴリー:バス釣り

BASSER ALL STAR に出場決定。

 


重大発表です。


バサーオールスタークラッシックに


出場することにしました。






ここ数年、オファーを受けながら、いろいろ思うことがあり、


辞退し続けてきたのですが、


だいぶ前に、バサーの小林氏に出場の返事をしました。





このメンバーと戦える喜び!


Basserの今月号です。


発表はBasser誌が出るまで控えるよう依頼があったので


発売日の今日になりました。


ナイショにしていてすいません。




ご存知のように、JBトーナメントを退いてから


トーナメントとは真逆の釣りをしてきたのですが


自分の中で眠っていた情熱がふつふつと頭をもたげ出し


遂に、出場の答えを出しました。




一般的にフィネスとかライトリグと言われる釣りに背を向け


ビッグベイトやパワーフィッシングに傾倒し、


その可能性を追求してきたここ数年。


試合だけでは分からなかったことも沢山経験しました。




でも、今回は本気の試合モードに戻るつもりです。




霞に置きっぱなしのチャンピオンボートが遂に復活します。




何年も乗っていないので、エンジンの整備や魚探の積み替え


トレーラー車検の取り直しなど大変なことが山積です。




パワーポールもすでにオーダー済みです。


気合を入れてダブルで装着しました。




ボートラッピングもすでにデザイン手配済みです。





ブラックチャンピオンが美しくなって復活!




ボートの整備、システマチックなタックルの用意と試合は始まる前から


大変な労力を使います。
そして何より、フィジカル。メンタル。


そして、失っていた試合勘、組み立てを取り戻すためには


かなり大変だと自覚していますが


 


やるからには全力で挑みたいと思います。






応援の程、よろしくお願いします。



コメント・トラックバックは受け付けておりません