2010.02.20(土)
カテゴリー:よもやま話, バス釣り, ロッド

下野さんの新艇。

下野さんの新艇のラッピングが出来たようです。





ドデカく、エバーグリーンのロゴが! 下野流のロゴも!  カッコイイです!




ボートはレンジャー最大、最高級のZ522。22フィート。

エンジンはマーキュリーのベラード300馬力。4ストローク。


巨大戦艦です。デカ好きの僕としては、「ええなー。」の一言に尽きます。


ちなみに、反対側は下野さんをスポンサードしているジャッカルさんのロゴが入ってます。





違う角度から。




ところで、昨年発売したヘラクレスの下野流プロガイダンス68L/MHの表示のL/MHの意味は、


喰わせのティップがすなおに入るライトアクション、


バットパワーは琵琶湖のロクマルの突進を止めるパワフルなミディアムヘビーということです。


下野さんのこだわりがアクション表示にも表れています。





今までのヘラクレスにはない独特のテーパーデザインのロッドです。




正直、僕の発想と流派ではこのロッドは生まれてこなかったと思います。


ヘンコでガンコ。でも、凄腕。プロガイドそしてバリバリのトーナメントアングラー下野正希の


こだわりと経験がこのロッドにフィードバックされています。


当初はアフターの吸い込む力が弱いデカバスを「ライトテキサスの置き」で獲るロッド


として開発されましたが、


下野さん得意のピッチンショットリグのドラッキングにも吸わせて掛ける調子がベストマッチ。


今のシーズンはメタルジグのバイトをはじかず、吸い込ませるロッドとして活躍しています。




ちなみに僕はベイトネコのロッドとして愛用してます。


ヴェイン8インチ、1/11ozネイルシンカー、フックはデコイのカバーフィネス1/0。


ラインはマジックハードRの8~10ポンドが僕の好きな組み合わせです。


喰ったバスが全然離しません。




下野さんはこのロッドでのヘビダンにも昨年のトーナメントで開眼した模様です。


まだ、使ったことがない人はショップで曲げてみれば、僕の言う意味が分かると


思います。エエ竿ですわ。ホンマに。


 



下野さん、ネタにしてすいません!





全く関係ないけど今日のサトシンです。




では、またね。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.02.19(金)
カテゴリー:よもやま話, バス釣り, ロッド

清水盛三来社。

昨日の午前中にモリゾーから電話があり、もうすぐアメリカへ出発するので、


トーナメントで使うあるルアーをチューニングしてほしいと言ってきた。


3時には行きますと言ったが、やはり遅刻のモリゾータイム。


でも、20分くらいでした。





今日もご機嫌のモリゾー。


おまけにそのルアーは1個チューンするのに20分近くかかるのに


10個もチューンしてくれと、この僕にのたまう。


大物ですな。


仕方なく、チューンを始める。僕もお人よしです。


ヒイヒイ言いながら、チューンが終わったのは4時間後!


そのルアーが何かはまだトーナメント前なので言えません。


僕がルアーをチューンしている間にモリゾーはロッド開発の打ち合わせ。





モリゾーが開発中のプロトとアメリカに持ち込むヘラクレス。


アクテオンマグナムは8フィート2インチあるのでトーナメントでは使えない。


でも、アクテオンのグリップと交換することで、規定の8フィート未満になるので、


試合でも問題なく使える。裏技です。


 緒戦のクリアーレイクはスイムベイトが効くレイクなので、


活躍するはず! してほしい!


プロトに加え、フォースグランディス7の姿も。


ミッドディープクランクに使いたいとモリゾーは言ってました。




僕もルアーをいじくりながら、ロッドの打ち合わせに加わる。


だもんで、余計に時間がかかった。


そうこうしているうちに、釣りビジョンのブーヨンがモリゾーの


「BURNING HEART」のインタビュー撮影に来る。


モリゾーがまもなく渡米するのでかなりあせって、ウチの会議室で強行インタビューだ。





会議室にて。モリゾーの後ろはなんちゃってカメラマンのブーヨンです。


前はBIGBITEのディレクターをしてました。


モリゾーも忙しいことです。


全てが終了して、夜もふけ、腹が減ったので、一緒にメシを食べに行く。


モリゾーの渡米前の壮行会です。


勿論、年長者である僕のおごりです。


めでたしめでたし。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.02.18(木)
カテゴリー:バス釣り

一刀両断DVD編集。

昨日もお伝えしたように、スタジオまでDVDの編集をチェックしに行ってきた。


いわゆる荒編というやつで、うだうだ言いながら全て見終えるまで、3時間くらいかかった。


僕はこのシーンはもっと長く!とか、ここの尺はもう少し短くしたほうがいいのでは?とか


いろいろ注文をつける役です。





スタジオはかなり広いです。





このファンキーなお兄ちゃんが一刀両断ディレクターのキリギリマンだ!
カメラマンのチャックさんとも名コンビです。




さて、今回の一刀両断最新作はいわゆる総集編。ベスト盤ですな。


DVD化されていないビデオからのおかっぱりだけの過去の映像を


よりすぐり、ジグフィッシングとビッグベイティングに的を絞り、


最新の撮りおろしの野池爆釣映像を加え、


見どころたっぷりなDVDに仕上がりつつある。


まだ、DVD化されていない時代の映像を見たことがない世代は勿論、


昔、ビデオで見た人にも、不変のテクニックを再認識してもらえると確信できるものに


なっています。あの感動のシーンがよみがえります。


若き日!?の菊元俊文が見られます。絶対、面白くてためになります!


デカバスが連発しています!





これは、野池ハウツー映像。親切、丁寧です!?





おもしろ映像、名言集(迷言集)も勿論収録。


かなり笑えると思われます。




でも、釣りは真面目かつ全力で取り組んでます。


ただの総集編とはわけが違う!


スーパーベストのおかっぱりバイブルに仕上がりそうです。


発売は多分、3月になりそうです。


詳しいことが分かれば、また報告したいと思います。

コメント・トラックバックは受け付けておりません