2010.11.18(木)
カテゴリー:よもやま話, バス釣り

アディダスObyOの新作到着 !

昨日、タックルの準備をしようとしていたら


 


スポンサードしてもらっているアディダスObyOから


新作が到着しました。





ObyOはアディダスオリジナルズバイオリジナルズの略称。


メガ大人気のブランドです。




スニーカーは5足も !





さて、一番僕が気に入ったのはどれでしょう?




これでした。





BRACKEN。


ブラックにホワイトの網目がロッドのカーボンクロスのようで


カッコイイです。




その次に気に入ったのが





KBALL OSTRICHです。


オーストリッチ地がおしゃれです。




また、ウェアも沢山送っていただきました。





僕が提供していただいているものはサンプルです。





LUKER Riders JK。


ファスナーのレイアウトがしゃれてます。





Tweed TT。


とってもゴージャスで暖かそうです。





WHIZ Stadium JK。


いかしたスタジャンです。





色鮮やかなシャツも。


KZK Shirt JK。





KZK Velour TTです。


肌触りが最高です。


素材のテクスチャーが絶妙です。





これは色違い。


かなり気に入りました。




スニーカーを履いたり、ウェアを着てみたり


ブログ用の写真を撮っていたら


ロケの準備がどんどん遅れました。




でも、次のロケでどれを着ようか、履こうかと


楽しみが出来ました。




モチベーションも高まります。


 


アディダスObyO様、沢山の素晴らしい商品の提供を


いつも頂きまして本当にありがとうございます。






と言うわけで準備完了次第、


ロケ地に前のりのために出発します。




今回も1人なので


まあまあ、寂しかったりして。




でも、頑張って来ます。







コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.11.17(水)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

今日はロケの準備です。

今日は2日後のThe Hit のロケの準備です。


明日は出発でばたばたしそうなので


今日中にあらかた準備しておく段取りです。


オールスターの試合モードから一転して


面白くてデカイ釣りをするためのタックルの用意です。




でも、よく考えたらフィールドが狭くなるのと


バスボートを使わないことだけで


釣りのスタイルはあんまり変わらないので


持って行くタックルが減るくらいでした。


試合用に使いもせんのにメガトン級に増えた


ワーム用のボックスとロッドを減らします。




オールスターでは


「試合モードになる。」と言っていても


キーパー場に行ったり


スピニングでフォローの魚を狙ったりすることは


しません(出来ません)でした。




やはり長年染み付いたスタイルは


トーナメントだからといっても


急に変えられないものでした。


デッカイのだけを釣りたくなってしまいました。


ただ、変えたことは


プラでジグとビッグベイトがあたりもかすりも


しなかったことから


ノーシンカーフリップとクランキングがメインに


なったことくらいでした。


激浅の根掛かり多発エリアをメインにしたこともその理由です。





スローでもワイドに水を動かすスタンブル。


霞では中層クランキングが効きました。


ゆっくり巻いてボトムに当てないのがキモでした。






The Hit のロケでは、さらに強い釣りで


ハメてきたいと思っています。







石井館長。


いきなり発売直後のコンバットクランク180で52cm。


昨日の琵琶湖の朝イチの出来事です。


カラーはだもんでだもんで


ダモンデシャッドです。





コンバットクランク180ダモンデシャッド。


 


釣れるでさー。









コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.11.16(火)
カテゴリー:よもやま話, バス釣り

胃カメラは嫌なもんです。

昨日は吸い玉のリバウンドか


朝、胸ヤケで目が覚め


食道のあたりに違和感を感じたので


昼ごはんを抜いて午後からお医者さんへ。


 


体調管理は大切です。




食道の様子も分かるので


胃カメラの検査をしてもらいました。




胃カメラは通算5回目くらいになりますが


この前行った時は、初めて鼻から管を挿入。


かなり激痛を感じ、終ったら鼻血ブー(死語)に


なったので、今回は口からにしてもらおうと


思ってました。


でも、お医者さんが、


「最新の機器に変わって苦痛は無いと思いますよ。」


とニコニコしながら、強く薦めてくるので


つい、


「鼻からでお願いします。」


と言ってしまいました。




確かに、この前よりかなり苦痛は軽減されたものの


やっぱり、胃カメラは気持ち悪いもんです。




目の前にあるモニターがライブ映像を映し出します。


カメラが食道を映している様子や


胃の中のぐるりを映している様子、十二指腸まで映してお終い。


自分の体の中とは言えかなりグロいです。




食道は幸い、異常無し。


でも、胃は少し荒れ気味。


胃の中に小さな赤い斑点が発見しされ


先生が説明してくれました。


これは、自分の目で見ても分かります。


昔、胃潰瘍をやっているので。


何枚か写真を撮ってから


「念のために細胞を取って検査しますね。」と


カテーテルから器具を通して金具の先が


胃の中をつまむのもはっきり見えます。




その後、無事、胃カメラが抜かれたけど


違和感が残り気持ち悪い。




「多分、、大丈夫ですね。」


と先生。


「細胞を取ったのは何でですか?」


と聞いてみると


先生は


「ガンの検査です。」


「検査して2週間くらいでガンかどうか分かります。」


「ガンだったとしても初期の初期ですね。」


と先生は相変わらずニコニコしながら


説明してくれます。




「頼むからニコニコせんとって!」


とぶっちゃけ思いました。




多分、大丈夫だと思います。




でも、まあまあ、ビビリました。




胃カメラは嫌なもんですな


 


 


 


 関係ないけどオールスターの写真でも載せときます。


 


 



大観衆は気持ちイイ。


大観衆好きです。





来年もこれをやりたいもんですな。


 



EG-CLIMAXもよろしく!!



























コメント・トラックバックは受け付けておりません