2010.05.15(土)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

吉井川撮影。

昨日も引き続き、岡山の吉井川で撮影。


今回は大長編です!




朝はゆっくり、8時半頃にスタート。


前日は時間の都合でチェック出来なかった上流部へ。





上流部はクランキングでスタート。濁りが入ってます。


水温は朝イチで16度ありました。


流し始めて、水深が深くなってきた本命に差し掛かりました。




すると・・・。





こんなん来ました!コンバットクランク320。ブルーバックチャート。


ロッドはヘラクレスのプロトグラス7フィート。リールはコンクエスト100。


マジックハードR16ポンドです。




2本目もすぐ来ました。





コンバット320凄い!まだプリスポーンです。


倒木にクランクをヒットさせて釣りました。カバークランキングです。




この後、最上流部の行けるところまで上がりましたが、浅く激流の場所までは


バスが上がっておらず、不発でした。


メインリバーへバウを向けます。


フル満水でカバーだらけ。濁りもきついです。


竹が岸から大量に倒れこんでいて


ショアラインぎりぎりにジグを撃ちこめないストレッチも多いです。


カバーのストレッチをチェックする前に開けた石が沈むエリアを


再びコンバットクランク320で流し始めると、またすぐに来ました。





しかし、小さい。メインレイクのクランキング。




またジグに戻し、カバーだらけのショアラインをひたすら撃ち続けます。


カバーだけを見ると、一見良さそうに見えても


いないところには全くいません。ビシバシにスキッピングを決めても


バイトすらありません。ビシバシの連続で撃ち続け、


真っ直ぐなショアラインのちょっとしたへこみにある数少ないレイダウンを発見。


「これはいる。」としょぼいレイダウンにキャストが決まると、





1発で来ました。ジグ番長フィッシュ。


キャスティングジグは3/8oz。


いつもは1/2ozですが、前日から激シブだったので軽くしてアジャストしました。


トレーラーはバイズクロー。


ラインは最強のマジックハードR20lb。


ヘラクレスヘラクレスです。ビシバシジグロッドです。





カバーだらけで一見良さそうだが・・・。


一見良さそうに見えるカバーの中から、地形の変化がからみ、


しょぼくても、ウッドカバーがあるところにいいバスがいるのは


前日から同じです。でも、そんな条件の場所はホントに少ない。


あっても水位が高すぎてはるかカバーの向こうでジグが入れられません。


フラストレーションがたまる中、流し続けやっと見つけました。






 5尾目!ポストスポーナーが来ました。


まだ昼前です。




この後、鬼神のごとくジグを撃ちまくるが、なかなか「これは!」


と思うスポットはなく、全くバイトはありません。


昼までに、メインリバーは撃ち尽くしました。





撃ち尽し、やるところがありません。




仕方が無いので、朝の上流部へ。


クランクではなく、ジグを撃ちますが不発。


「やっぱりここはクランクかなー。」と


クランキングロッドに持ち替えて1投目。


勘が冴えました。





アフターの捕食に上がってきたナイスフィッシュ!


コンバットクランク320。かなりキテます。





今回のMVP。


ルアーも凄いがロッドも凄いよ。ノーミスです。




この後、再びメインリバーに戻りますが、撃ちつくし、もう仕事も出来たし、


正直あきてしまったので、3時前には終了しました。


濁りと高い水位、スポーンのからむ難解かつ、タフなコンディションでしたが


パターンが読め、数少ないバイトをミス無く取れ、自分の釣りにハメることが出来た。


実質1日の釣りで手にしたバス8本。内7本がデカバスさんでした。


 


まあまあエエ釣りが出来ました。




今日は休みなので、ゆっくりしたいけど、インタビューの仕事が入ってます。




それからクワガタの世話でもしときます。











コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.05.14(金)
カテゴリー:よもやま話, バス釣り

陰陽座 「龍鳳輪舞」 DVD。

僕が大好きなバンドの陰陽座の新作DVDを一昨日やっと入手した。




「やっと」というのは、ホントは4月に発売していたのだが、


2枚組みのDVDの2枚目に不具合があったということで、


交換や回収があったからである。


そんでもって、予約していたお店からやっと入荷したとの連絡があったのが


おとといだったのだ。





タイトルは龍鳳輪舞。


彼らのシンボルである龍と不死鳥が舞い踊る


ライブのさまを表している。


結成10周年記念ライブです。





僕のトーナメントシャツにも陰陽座のシンボルをプリントしています。




僕はミーハーなので初回限定プレス盤を購入。


ちなみに僕はVoの黒猫の大ファンです。


ライブではより一層輝きます。ブリリアント!です。


「黒猫と結婚する」とたわごとを言ったら


子供に怒られました。アホですな。




この結成10周年記念公演は僕も大阪で見ました。


勿論、最高でした。


DVDは東京公演のものですが、出来たら自分が行った


大阪の模様を見たかったです。




早く、あの感動をDVDで反芻したいです。


でも、忙しくてまだ見れていません。




今日も広告の撮影で釣りをしているからです。




昨日の昼過ぎに会社を出て、4時過ぎに釣りをスタートです。


岡山県に来ました。



良く晴れていますが寒かったです。 


 


  



昨日の1本目です。


一回産卵したポストのプリ。


キャスティングジグ3/8oz。


竿はヘラクレス・ヘラクレスでございます。


 



本目。デブッチョさんのプリスポーナーです。


ジグはいつもの1/2ozでは早く感じたので


3/8ozにしました。


ラインはマジックハードR20lbです。


 
 
 この後、撮影なので暗くなるまでに、釣りは終了。 


 


ホテルにチェックインし、焼肉を食べに行き、


戻ってから、すぐ眠りました。


 


 「私は眠る。 鳥のように。」



 


ポエムですか!?


 


今日も頑張ります。







 


 





 





コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.05.13(木)
カテゴリー:バス釣り

野池レポートその2。

今日はまた撮影で釣りをしている予定なので、


先日の野池の釣りの続きです。





ロイヤルフラッシュJr.のモリゾーピンク。


盛三のリクエストで作りました。


刺激色で、スポーン前後や濁りに強いカラーです。


ロッドはブルーマイスター7がマッチします。


ラインはマジックハードRの16ポンド。




さて、行った野池はどこも濁りがきつく入っていました。


状況はポストスポーン。


よって、活性はかなり低く感じられました。




キッカーフロッグはかなりキレのある首振りを容易に演出出来るのですが、


この日は、派手に動かしたり、早いアクションには、反応が悪かったし、


ロイヤルJr.のウェイキングにも、Dゾーンのガーグリングにも


バイトは無かった。よって、アフター回復は少なく、


ポストスポーンと判断。


フロッグは、ポーズや枝などにラインを持ってもらっての一点シェイク。


ロイヤルJr.はデッドスティッキングが効いた。


バイトは派手で荒々しいものは少なく、ゆっくり吸い込むものや、


「チュパッ!」とおとなしいものが、多かったことから、


ルアーを追いかけてくる活性はなく、あからさまにポストスポーン。


アフター回復なら、もっと簡単に釣れるはずです。





ロイヤルフラッシュJr.に来た。デッドスティッキングが効いた。


野池でも抵抗無く使えるサイズのロイヤルJr.。


専用タックルもいりません。





エエ感じです。モワッと出ました。





ロイヤルJr.でファイト中。バックに木がありすぎて投げにくいです。





こいつは巻き始めに、派手に出た。


ロイヤルJr.での2本目。


この日はJr.で4発出ました。




フロッグはダーターフロッグ、キッカーフロッグ共に岸ギリギリに落としてのポーズや


シェィクもしくは、木の枝やアシのポケットでのポーズが圧倒的に効きました。


通常、ジグやテキサスあるいは、バックスライド系ノーシンカーを


落としこむようなスポットです。


フロッグで出ない場所は念のためジグでフォローを入れたりもしましたが、


ほとんど反応はなく、釣れたのは1尾のみ。


ポストでタフですが、明らかに浮いているもののほうが反応が良かった。


 


「フロッグでしか出ないバスがいる。」


という僕の理論を証明した1日でした。




ところで、この日はダーターフロッグ、キッカーフロッグ共にブレードチューンが効いた。


通常、「ブレード装着は引いてきてブレードを回転させてこそ」と思われがちだが、


ポーズ時でも、ボディーとスカートの時間差での「ゆらぎ」にプラスして


微妙にゆらめくブレードの動きとフラッシュがバスを刺激する。


つまり、止めていても


3つの違う動きがバスにアピールすると僕は考えている。





ダーターフロッグにエバグリの2番コロラドブレードをセット。





キッカーフロッグも同じブレードを装着。


止めてもブレードは効果的。


エバグリのフロッグは全て、コネクターアイが標準装備されているので


ブレードチューンも容易。




キッカーフロッグにマメさん。


こんなんは、いっぱい出ました。


 



キッカーフロッグエエ感じです。発売は6月までにはなんとか。


 遅れてホントにすいません。


微調整をかけてました。


6月はフロッグが初秋と並んで一番効く時期です。お楽しみに。





全く関係ないけど、お昼はぶっかけうどんを食べました。


コシが強く美味なり。





対岸の立ち木ギリギリに落としてロングポーズ。


キッカーフロッグにジュボッと出ました。


 


このようにトリプルフックのプラグではロストを怖れて投げきれない


場所でもフロッグなら躊躇することなくガンガン攻められます。


パッドだけがフロッグの舞台ではありません。


と、偉そうに語っていますが、


ひとしきり釣りまくって、満足した僕が、


この日カメラマンに徹していた


新人君にロッドを渡した夕方、




事件は起きました。





バケツ口! キッカーフロッグ丸飲みの50アップ。新人君がやりました。それも、わずか数投で!


  


ワシの面目まるつぶれですわ!


 





アフター回復のええバスでした。


夕方のフィーディングバスです。




このあと、新人君は、さらにキッカーフロッグでバス1本とライギョを追加。


かなり喜んでおりました。




ご褒美として、帰りは運転手に専念していただきました。




でも、いい仕事をしたので、大阪に帰ってから、


例の近所のスシ屋でスシをご馳走してあげました。


死ぬほど食ってました。


よかったね。




でも、いいルアーが出来たと確信した1日でした。

























コメント・トラックバックは受け付けておりません