「バス釣り」 のアーカイブ

2010.03.03(水)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

一刀両断そしてスラッグシャッド!

昨日、「一刀両断」最新DVD編集の最終チェックに行って来た。


陸っぱりオンリーの総集編だが、かなりイイ出来に仕上がっていた。


ディレクターのキリギリマン、頑張ったなー! 


今日、ナレーション入れです。


いよいよ発売が近づいて来ました。





いつになく真剣な表情のキリギリマン。やる時はやります





タイトルは「陸っぱり免許皆伝 The Best Selection !」





パッケージデザインはもう完成しました。わ、若い!




ラバージグとビッグベイトに的を絞ったビッグバスとハウツーが満載!





野池での撮りおろし映像。SRミニで入れ喰い!





これも、撮りおろし映像。ポッパーフロッグで魚雷がドン!




総集編では、ジグ番長、ビッグベイト番長の歴史と


不変のテクニックが文句なく楽しく学べる!


初期プロトのプラスティック版のティンバーフラッシュや


結局、発売されなかったサイズのジョインテッドクロー初期プロトも


出てきて、なかなか興味深いです。


でも、ジグはCCラウンドとキャスティングジグです。


イイものはずっとイイってことです。


間もなく発売です!お楽しみに!




それと、宇宙人(本名スラッグシャッド)いよいよ発売です!





パッケージはこんな感じです。


2本入り。クセがつかないようにブリスターパックに入ってます。





カラーチャート。全8色です。




ヨコヨコに泳ぐサイドスライドリグにセッティングするには、


アクティブのミサイルシンカートーナメントというネイルシンカー


1/11ozを基準に挿入。


(腹側の頭側にネイルシンカーを収めるフックホールがあります。)


フックはデコイのカバーフィネスという僕がデザインしたガード付きのフックを


膨らんだ長楕円の真ん中くらいに外から内のスリットに向けてセットします。


サイズは2/0です。


こんな感じです。


横から見たセット例。フックはカバーフィネス2/0。




左目の側に刺すと左へ泳いでいきます。







上から。フックは外から内へ。スリットを縫わないこと。




このスリットを上から下まで貫通させたことで、水を吸い込み、


大きく吐き出す他に類を見ない波動、と水押しを実現させた。


それに加え、同時に宇宙ハンドがピリピリ震え、


「ピリッピリのボワンボワン」という摩訶不思議なアクションを生み出した。




注意すべきは必ずガード付きのフックを使用すること。


そうしないと着水のショックなどで、自己フッキングし、正しく泳がなくなります。


あと、極力ルアーをロストしたくないという思いで、スラッグシャッドは


粘り気のあるエラストマー素材で作りました。1匹や2匹釣ったくらいでは


飛んでいかないので、環境に優しく、なおかつオトクです。


フックを刺した穴が広がってきたら、


瞬間接着剤を1滴落とせば、より長持ちします。





伸びーる。エラストマー素材。丈夫で千切れにくいです。




でも、あほみたいに引っ張りすぎると千切れるので注意!


また、エラストマー素材は他のワームやルアーと一緒に保管しないこと。


溶けてグチャグチャになります。




使い方は小刻みなシェィキングリトリーブが基本。


タックルは基本的にベイトタックルになります。


ロッドはヘラクレス エアレギウスが絶対のお薦め。


ラインはマジックハードR10lbを僕は使っています。


この釣り方では、僕は右手でアクションをつけ、


レフトハンドルリールを使います。




スラッグシャッド!釣れるよー!







コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.03.02(火)

DVDチェックです。

朝から、鼻がむずむずして、目もゴロゴロして、鼻水が止まりません。


ひょっとして、花粉症!?


自分では、気温差によるアレルギーだと思っているんですが、


ホンマに花粉症ならエライことです。


仕事に大いに差し支えます。


ところで、今日はDVDのチェックで忙しいです。


1つ目は4月25日発売のルアーマガジンの付録になる映像。


晩秋のリザーバー。川上ダムでのディープフィッシングです。





コンバットクランク480に来たナイスフィッシュ。




このレイクはワカサギレイクとして有名で、そのレンジに


合わせるルアーローテーションが重要。





スーパースレッジのキャロライナリグで。




このロケはベイトのレンジが深く、なおかつ満月の大潮。


雲一つなく、無風というタフコンディション。


「満月の日はバスは月明かりが明るいので、夜にフィーディングし、


日中は喰わない。」とラリーニクソンさんも言ってましたな。


予想どおりかなり苦しみ、菊元的には珍しい


スピニングタックルを導入。


ヘラクレスのスピニングプロト初期型の64MLを駆使して、


スーパースレッジのキャロを詳しく解説します。




また、わずかに陰り、風が吹き出したタイミングで、


シャローでベイトを見つけ、スイムベイトで一発で決めて見せます。




まだ、発売まで間がありますが、付録にしてしまうには、


もったいない映像でハウツーもバッチリなので


4月25日発売のルアマガをお楽しみに!




関係ないけど、阪神タイガースの矢野選手に頼んで、


藤川球児投手のサインをいただきました。


どうも、ありがとう。





藤川球児投手のサイン。




でも、よく考えたら、僕は阪神が優勝した2003年の


星野タイガースの優勝メンバーの主力選手全員の


サインボールを持っているんだった。


これも、矢野選手が段取りしてくれたお宝でした。


矢野選手めんどうくさいことばっかり言ってごめん!


矢野選手も球児投手も今年こそ優勝めざして頑張ってね。




さて、僕はそろそろ、一刀両断DVDの編集のラストチェックに


行ってきます。




あっ!宇宙人(正式名称スラッグシャッド)今日、明日くらいに


発売です!

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.02.28(日)

新潟最終日!

先程、にいがたフィッシングショー2日目のセミナーを終了しました。


新潟のファンはシャイですが、とても熱心で熱い魂をいただきました。


僕は、コンバットスティック20周年の話から、


ヘラクレス7フッターシリーズの優位性、


そして、キッカーフロッグとフロッグフィッシングの話、


最後にバスを取り巻く環境と


バス釣りをする人はいい奴になろうよという熱いメッセージをトークしました。


話がどんどん長くなり、予定の1時間をはるかにオーバーしてしまいましたが、


お客さんは最後まで、熱心に聞いてくれました。





会場の本間釣具黒崎店さん。大変お世話になりました。





セミナーの模様です。





熱く語ります。


 



ファンのナイスカップルと。





控え室でのオヌマンです。





重見さんのセミナー。




命を守るライフジャケットを必ず着用しようという大事な話と


実際にインフレータブルジャケットを開いて実演。


皆んな、防波堤でもライフジャケットは必ず身に付けよう!





ファンの方から、菊元にちなみ、菊水というお酒をいただきました。


ありがとう!




ここで思い出しましたが、僕の名前はです。


よく、菊本と間違われるので、まあまあ嫌だったりします。


菊元の元はです!間違えないでね!



にいがたフィッシングショーもあっという間に終了が近づいてきました。


ご来場の皆さん、運営スタッフの皆さん、本当にありがとうございました!




そろそろ、空港に向かい、大阪へ戻ります。




太平洋沿岸の皆様、津波に注意して下さい。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.02.27(土)

新潟です。

ただ今、にいがたフィッシングショーの最中ですが、


本間釣具黒崎店さんの控え室にて、


ブログ更新中です。





昨日、伊丹空港にて。重見さんと。




夜、9時前にホテルへ到着。その後は、スタッフ全員で居酒屋へ。


オヌマンとも合流し、おいしい食事を楽しんだ。


サバの燻製おいしかったです。ちょっと焼酎飲みすぎたかも。


でも、オジイ化しているのか、やっぱり早起きしました。





今朝のホテルロビーにて。




それにしても、新潟はやっぱり寒かった。昨日まで降っていた


雨は上がったが大阪が暖かかっただけに、ちょっとこたえる。





ちょっと前にドカ雪が降ったらしく、まだ雪がそこらに寄せられていた。


会場には、9時に到着。





控え室にて。児島玲子さんと。





10時の開場と同時に沢山のお客さんが。





セミナーのトップバッターは重見さんです。




僕の出番は3時35分なので、まだ、間があります。


さっき、昼のお弁当をいただき、そのあとで時間を見つけて更新しています。


今年のショーはバスアングラーで呼ばれているのは、僕だけなので、


頑張ってトークしたいと思います。




また、この続きは報告します。





全く関係ないけど、ガゼラツヤクワガタです。


この種類でBE-KUWAギネスを獲りました。





一切、関係ないけど、ガイド中のサトシンです。




それでは、またね。

コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.02.26(金)

山口から大阪そして新潟へ。

山口から帰ってきました。今日はいきなり、新潟へ出発です。

まあまあ、忙しいです。

さて、山口は久々のストレス解消目的の釣行でしたが、

異常に暖かくなったわりには信じられんほど激タフで、

「これがロケでなくてよかった。」

と心の底から思うほどヤバかった。


でも、久々に本職の釣りが出来ただけでも、

ヨシとしましょう。



今回サポートはガッツさん。

42歳にして、2度目の新婚生活を送る幸せな男。

釣行前夜の晩メシです。



絶品のお造りでした。

思えばこの時が一番幸せだったかも。



さて、肝心の釣りは、ルアーとロッドのテストが主目的でしたが、

なんせ、全くアタリもバスの気配もない!

勿論、表層には全く、出てきません。

そこで、深いレンジを攻めるべく、

以前から気になっていたガンクラフトのカイテンを試してみたら、

2回だけバイトがあり、2本なんとか釣れました。



ヘラクレス7で抜き上げです。カイテンです。





野池のバスみたいに黄色いバスが釣れた。




2本目のバスです。レンジは深く、バイトは見えなかったです。


ところで、今回の釣りのもう一つの目的は、もうほぼ完成なのですが、

ヘラクレスのプロトのスピニングの最終テストです。

64MLのバーサタイルスピンです。

沖のディープの2~4mラインに時折、ベイトフィッシュが映るので、

「ひょっとしたら。」と思い、スーパースレッジをこのロッドにリグり、

ドラッギング&ジャークを試みる。ラインはマジックハードR4ポンド。

春先にレンジが合えば、爆発力のあるパターンです。

と、すぐにヒット!


なんとウグイです。





スーパースレッジでウグイが入れ食い!

ガッツさんにも、試してもらうと、やはりすぐバイトがあり

やっぱりウグイがヒット。





妙に嬉しそうな、ガッツさん。しつこいですが、新婚です。




なんとか、バスが釣れないかとこのパターンを続けるが、

釣れるのはウグイ、ウグイ、ウグイ!

10本ぐらい短時間で釣り、もはやウグイマスターです。

でも、このスピニングの乗りの良さは再認識出来た。

小さな口のウグイのバイトを百発百中で捉えてくれた。

むなしいけどね。


この後、このウグイを捕食するようなバスを狙って

ビッグベイトにチェンジするも不発・・・・。

なんだかなー。のバッドタイミングでの釣行でした。


ところで、今日、新潟へ出発するのは

にいがたフィッシングショー2010に講師として出場するためです。

会場は本間釣具黒崎店です。

重見さんと夜の飛行機で行きます。

僕のセミナーは

2月27日(土)15時35分から。

2月28日(日)11時30分からになっています。

新潟の皆さん、また近県の皆さん、是非来てください!

待ってます!


コメント・トラックバックは受け付けておりません