2010.04.26(月)

眠すぎるクワガタな休日。

昨日は、4時前に早起きしてしてしまいました。




おじいさん並みの早起き病です。


案の定、ブログを更新した後、睡魔が襲ってきて


昼過ぎまで寝てしまいました。


疲れまくりです。


ちなみに、今日も4時起きです。





セサミンEプラスとQPコーワゴールドアルファ。


毎朝飲んでます。ドーピングです。




ちなみに、アルファはサトシンもお薦めです。


サトシンはロケの時はプレッシャーで胃痛になるため、


胃薬も常備しています。





四国は、雨もあり、寒くて、フラストレーションがたまる割りに


釣りすぎて疲れました。




その後、ムシ部屋にこもり、作業開始。


4月上旬に羽化していたガゼラツヤクワガタの繭を割ります。





ガゼラの繭玉を暴くと、小さすぎるオスが。





一応、ギネスの子供なんですが・・・。




こいつの親虫はBE-KUWAギネスの70.5mmだったのですが、


羽化1号のこいつは50.9mmの激ミニ君でした。


なんででしょうかね?




その後、コバエが発生しているケースを発見。


すぐに、マットを処理しようとすると、繭玉が崩れ、


蛹が出てきてしまう。


マットにコバエが発生すると、栄養分が奪われ、


マットが泥状に劣化し、折角、幼虫さんが繭を作っても


蛹室の壁が崩壊しやすくなり、ちゃんと羽化して成虫になるのが


困難になる。死ぬか羽化不前に極めてなりやすい。


よって、スポンジなどで出来た人口蛹室に移す措置を取る。


マニアック過ぎますか?





無事、人口蛹室に引越しした


アルケスツヤクワガタのメスの蛹。


出来合いの人口蛹室では大きすぎたので、周りにテッシュを詰め、


大きさを調整してあげました。テクニックです。


無事、羽化して欲しいです。





これは、2年ほど前に大枚をはたいて買った


ブリーディングクーラーのユニットです。


ほぼ、一定に温度管理が可能です。


中は、ツヤクワガタの幼虫さん中心です。





ユニット内の温度は20度前後に調整してあります。


僕のムシ部屋には、温度計がそこらじゅうに10個以上あります。




この日は、かなりの時間を費やし、幼虫さんのマットの入れ替えと、


成虫のエサ換えをしました。


疲れたけど癒されました。


ウソです。




疲れすぎていたので、趣味なのに苦痛でした。


生き物なので、手を抜いてはイカンという義務感のみで、


黙々と作業を行い続けました。




地道で地味な苦痛を伴う作業の後に、大きな喜びがあるのは、


バス釣りでもクワガタでも同じです。


デカイのはいいというのも同じです。











コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.04.25(日)
カテゴリー:バス釣り

帰ってきました。

土曜日の夜中、四国ツアーから帰ってきました。


自宅に到着したのは12時前。


さすがに、疲れました。


でも、スポーツニュースを見ると阪神が中日に連勝していたので、


嬉しかったです。


さて、昨日の四国は、晴れましたが、状況はあまりよくなかったです。


朝一に入ったバックウォーターは、前日よりクリアアップしており、


期待を持たせましたが、小さいのが流れの弱い岩盤で来たのみ。





なんとティンバーでこのサイズ。




メインレイクへ戻り、水色が良いエリアを表層系で攻めるも


やはり出る気配もなく、テキサスに変えると、やっぱり入食い。







でも、このサイズです。


ブルマイ7は最高のテキサスロッドです。


ワームはバイズクロー。




この日はカバー奥の方がサイズが良かった。


この日、再び合流した神野君はリアクションフットボールジグ5/8ozに


チャンクを付け、いいサイズを釣っていました。




でも、ただ釣れるだけなので、違うバックウォーターへ移動。


水色はかなり良くなっていました。


ティンバーを早巻きで潜らせて引くと、


バスがバイトするのが見えました。






こんなん来ました。


ティンバーのカラーはカワムツ。




後ろを見ると神野君がロッドを曲げています。





神野君のナイスバス。ジグヘッドワッキーのドリフトで。




でも、まだ大量のバスが刺してきている気配は無く、


後が続きません。




再び、水が回復していることを願いメインのバックウォーターへ


戻りますが、なんとまた、濁流になっており、ガッカリ。


タイムアップで退散しました。


この日は、状況は上向きでしたが、晴れ上がりタフ化しました。


釣るだけなら、まだまだ釣れたと思うが、


違うことをいろいろ試したので、前日よりは数は減りました。




それにしても、今年の春は、暑いほどになったかと思うと


次の日は激サムになったり、


大雨が続いたりと、フィールドの状況が一向に安定しません。


釣りをする人間も大変ですが、バスも大変です。




次はもう少しマシな状況で釣りがしたいです。





釣りにきていたファンの人と記念撮影。


実は、同行していたウチの開発の友人でした。




今日はクワガタの世話でもして、リラックスして過ごそうと


思っています。





コメント・トラックバックは受け付けておりません
2010.04.24(土)
カテゴリー:バス釣り

激濁りのダム。

昨日、四国2日目の釣りを終えた。


ダムはスーパー激濁り&フル満水。





全域カバーだらけです。




朝寝坊のゆっくりスタートで10時出船であったが、


表層には、まるで出る気配は無し。


かろうじてティンバーフラッシュに50アップが喰いミスしたのみで、


その後、全く出てこないので


今回の主目的であるロイヤルJr.のテストになりません。


昼飯まで、わずかワンバイト。1本のみ。





それもしかたなく投げた泣きのDゾーン。




昼飯中にいろいろ考え、まず、魚を釣ることと、


プロトの竿のテストに切り替えて釣りをしようと決める。




水色が少しでもましな下流域で、ジグを撃ち始めると、


ショートバイトが連発。


魚はいます。エリアも分かってきました。


でも、あまりにも乗らないので、


見えないベッドの魚か、小さいバスのバイトか?


とテキサスリグのバイズクローにチェンジすると


とたんに釣れ出した。


サイズはまちまちで、25cm級から45アップまで。


でも、これではただ、魚を釣っているだけで、なんの意味も無いので、


プロトのロッドのテストにチェンジアップ。


 


セブンフッターシリーズの70ML「エアレギウス7」である。


これに、5~6年ぶりにドロップショットをリグり、


ネジリーをセットすると


1投目から入食い。


でも、小さい。


8インチのヴェインにしても入食い。


小さいのが多かったが、ましなのも来た。





プロトのエアレギウス7で。


8インチヴェインのネコリグ。ラインはマジックハードR10ポンド。




エアレギウス7は、最終チェック。


慣れないドロップショットから、ネコリグ、宇宙人のヨコヨコまで、全て


結んだリグでバスをキャッチ。


軽さは勿論、操作性、フッキング率、パワーも充分。


今回はしなかったが、シャロークランクやシャッド、ポッパーにも


かなりイケてるロッド。ほぼ、製品化決定!


楽しみにしてたサル番長、良かったね!





テストとは関係ないけどキャスティングジグでも釣れました。




テストには全く関係ないけどカイテンでもいいのが釣れました。


濁っていて喰いにくいのかスレ掛かりでした。





カイテン。カラーはビッグバイトチャート。


でも表層には、出てくれません。


これではイカン!仕事をしようと、


フルオーバーハングでやりにくいのですが


プロトのコンバットクランク180を


プロトのグラスで投げ始めると、


すぐに連発。でも小さいです。




状況があっていないので仕方ないです。


釣れるコースは覆いかぶさる木で、思うように引けません。


でも、クランクもグラスもかなりイイ線いってます。


バシバシかつバイトはノーミスです。


グラスはまだ内緒ですが名称も決定しています。


と、いうわけで、ルアーは状況があまりにも悪く、


ほとんどテストにはなりませんでしたが、


沢山の魚が、プロトのロッドを曲げてくれました。


 


フィールドテストは人間の都合で、日程が決まりますが、


魚の都合は違うことも多々あります。




とは言え、20本以上のバスが釣れ、釣果はまずまずでした。




明日も頑張ります。







コメント・トラックバックは受け付けておりません