「2017年08月09日」 のアーカイブ

2017.08.09(水)
カテゴリー:バス釣り, ルアー

アントライオンデビュー。

今日はまもなくマーケットデビューのアントライオンの紹介です。

 

「とにかく良く釣れるワームです。」

自信を持って言えるワームが出来ました。

ツインテールリンガーと同じ匂いで豪グサなのもいいです。

 

アントライオンとはアリジゴクの意。

アリジゴクに落ちてしまったアリのように

このワームを見つけてしまったバスは

アングラーの手中に落ちてしまう。

つまりは喰わずにはおれない存在のワーム。

それがアントライオンです。

日本全国、フィールドを選ばず

良く釣れるワームを目指して作りました。

タフな時ほど釣れるワームに仕上がりました。

C-4ジグに付けた時、全長がコンパクトにまとまるため、

ショートバイトが多発する時、

バスの吸い込みが悪いと感じた時に、

高い確率で吸いこんでくれました。

各地のテストでは場所を選ばず釣れました。

 

僕自身はC-4ジグやプロトのジグトレーラーとして使ってテストして来ました。

他のプロスタッフはC-4ジグトレーラー以外に、

ドロップショットでも結果を出してきました。

また、スモールマウスレイクのキャロライナも面白そうです。

スモールは小さなパーツが沢山あり、

それぞれが独立して動くCCベイトが大好きですからね。

野尻湖、桧原湖などに行く方は是非試して下さい。

 

それではテスト期間中の写真を徒然に。

 

P1250223
2月のテスト兼EG-EXTREME動画撮影。

真冬の合川ダム。

C-4ジグと組み、ミドストとサイトで釣った。

この時はスピニング。

ヘラクレス61ULSTにマジックハードR4ポンドで使いました。

ボトムショートジャークでは

直線移動距離の少ないクィックなドッグウォークが可能。

この時はまだ僕のスケッチを元にDAIMETALがCADで設計し、

シリコンの簡易型でハンドインジェクションした初期プロトでした。

テストプールでアクションチェックして

「絶対釣れる!」と確信して使ったらビンゴ!でした。

 

P1250321
3月の小野湖おかっぱり。

瀬の向こうにキャストしてミドスト。

瀬を超えたところで下から出て来て喰うのが見えた。

フィーディングに上がって来たワカサギ喰いのバス。

この時はベイトフィネスタックル。

エアレギウス66ML LTSにZ-PRIDE。

ラインはマジックハードR10ポンドを組みました。

ギャラリーが見つめる中の予告フィッシュでしたな。

 

P1260441
初夏の池原バックウォーター。

フィーディングのサイト。

アントライオンは時にエビ、時にゴリに化けます。

もしくはなんか気になるもの。

なんか食べたいものになります。

 

P1260950
紀ノ川ではプロトジグトレーラーで。

ヘラクレス66M LTSに14ポンドのマジックハード使ってカバー撃ち。

いっぱい釣れましたな。

 

P1270213
真夏の霞ヶ浦。暑かったー。

シャローの杭へのフォーリングバイト。

この模様はZPI動画にてもうじき見れるはず。

大西健太もアント君で釣ってます。

 

アントライオンは2.7インチとコンパクトですが

スピニングでもベイトフィネスでもかなり飛び、投げやすい。

置いておくだけ、ショートジャーク、ミドスト、ただ巻きなどで

バイトチャンスを作ってくれる菊元デザインのCCベイトです。

 

それではカラーを紹介します。

 

#01 グリーンパンプキン・BK
#01グリーンパンプキンBK

必ず押さえておきたいカラーです。

 

#08 ブラックレッドクロー表
#08ブラックレッドクロー

ザリガニカラーです。釣れます。

チビザリです。

 

#08 ブラックレッドクロー裏
ブラックレッドクローのお腹側。

真っ赤です。

 

#11 スカッパノン
#11スカッパノン

困った時のスカッパノン頼りです。

菊元的にはクリアなディープとステインなシャローで実績ある色。

 

#15 シナモン・BLSL
#15シナモンBLSL

琵琶湖では超実績のプリスポーナーキラーカラー。

ゴリにもエビにも見える色。

 

#18 シークレットスモーク
#18シークレットスモーク

ナチュラルなカラーでC-4ジグのシークレットスモークとも相性バッチリ。

エビにも小型のベイトフィッシュにもなります。

 

#33 グリーンパンプキン・BL
#33グリーンパンプキンBL

最近、僕にとっての神カラー。霞水系で特に実績高い色。

 

BK.jpg3.8gブルーギル&グリパン
WBS第4戦蛯原英夫準優勝タックル。

グリパンBLのアントライオンをC-4ジグ3.8gに付けた。

手長エビの脱皮カラーをイメージ。

 

#35 チャート・GDGR
#35チャートGDGR

視認性良いカラー。

マッディーウォーターで着底して見えたら浅いと判断出来ます。

かなり好きで多用する色です。

 

#37 リバーシュリンプ
#37リバーシュリンプ

見たまんま川エビです。

オキターマン良かったなー。(沖田護溺愛カラーです。)

 

#46 コザリ表
#46コザリ

表裏が違うマルチカラー。

 

#46 コザリ裏
ちなみにコザリの裏はこんな感じ

 

#58 ソリッドブラック
#58ソリッドブラック

濁った時に一番発見されやすい色。

先日の霞ZPIロケでは着水直後に

ドデカイのが水面まで出てもんどりうって喰いました。

残念ながらバレましたが。

 

#73 ヌマエビ
#73ヌマエビ

小エビちゃんをイミテートしたカラー。

ちょっと澄んだ時に僕は使います。

 

#74 バジルシュリンプ
#74バジルシュリンプ

これまたバスが大好きそうな色。

グリーンフレークが効きます。

 

パッケージ
アントライオンパッケージです。

9本入りです。

デリバリーは最速で8月10日を予定しています。

アントライオンよろしくです。

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません