「2017年04月06日」 のアーカイブ

2017.04.06(木)
カテゴリー:バス釣り, ルアー, ロッド

ブリムスライドのタックルセッテイング。

明日から福岡県遠賀川でJBトップ50の開幕戦がキックオフ。

 

会社ではDAIMETALがブース設営のために積み込み作業。

 

P1250815
今日、ホッシーノと共に出発です。

選手の皆さん、明日から頑張って!

EG軍団のスタートダッシュを祈っています。

 

ところでブリムスライドがもうじきデビューしますが、

菊元的にベストと思うタックルセッティングを紹介します。

ビッグベイトで釣ろうと思ったら

やはりタックルセッテイングはことのほか重要です。

 

まずはロッド。

ビッグベイトには専用のロッドがあるとないのでは

釣果に大きく差が出ます。

ルアーを手に入れても性能を最大限に発揮するためには

専用ロッドの使用がベストです。

極端なことを言うとMやMHクラスのロッドでは、

ブリムスライドを扱うには役不足です。

 

ロッドに求められるのは

頑丈なこと。タフユースに耐えること。

投げやすいこと。粘りとトルクから来るパワーがあること。

 

.jpgブラックアクテオン
それらを満たしたロッドがブラックアクテオンです。

 

ビッグベイトの大切なポイント。

「ちゃんと狙ったところに投げ入れること。」

 

バックハンドでも
ブリムスライドをバックハンドキャスト。

フェイズブラックアクテオンは

フルキャスト、サイドハンドキャストはおろか

バックハンドで3OZクラスのビッグベイトをコントロール出来ます。

と言うか歴代僕がプロデュースしてきたビッグベイトロッドで一番投げやすいロッドです。

アキュラシーはビッグベイティングで最も大切な要素です。

バスのレンジが合っていれば、チェイスだけで終わる時は、

投げミスをしていることが原因となることがとても多いです。

なので一撃必殺で撃ち込むことは物凄く重要です。

 

グイグイ寄せる
掛けたらグイグイ寄せます。ゴリ巻きです。

ブラックアクテオンはガツガチに硬い竿ではないですが

デカバスを寄せるパワーと突っ込みに堪えるトルクに絶対的な自信あり。

 

抜き上げる
抜き上げです。

ブラックアクテオン。美しいベンドカーブを描いています。

フッキングの位置が万全と判断したらゴンザレスくらいだったら迷わず抜き上げます。

デカくて鋭いトリプルフックでのハンドランディングは結構危ないからです。

対破損強度に極めて優れた肉厚ローテーパーのブランクスと

ガイドセッティングがなされたロッドです。

ブリムスライドに合わせるなら迷わずこのロッドをお薦めします。

 

ブリムフィッシュ
ブリムスライドとブラックアクテオン。

僕が思う理想のコンビネーションです。

ちなみにリールはコンクエスト200HGを使っています。

まずは頑丈です。

巻き取りスピードが早いので

「グリグリッ!」と巻いてブリムをダートさせるのがとても楽です。

 

ラインはこれから迎えるハイシーズンなら

ナイロンのフレックスハードHDの25ポンドを標準装備とします。

ライジングアクションを生かしたいからです。

低水温来のタフタイムにサスペンドチューン化したい時は

フロロのマジックハードRの16か20ポンドを巻きます。

参考にして下さい。

 

P1250816
パッケージは完成しました。

デリバリーはゴールデンウィークには充分間に合うはずです。

もうちょっと待ってね。

初回デリバリーは3色からです。

 

昨日は今年初めて阪神タイガースの野球中継見れました。

阪神勝ったのを見たのも初めてです。

 

P1250814
糸井選手の超人的ホームランで勝利。

やっぱり勝つのはいいなあ。

 

 

 

 

 

 

コメント・トラックバックは受け付けておりません